『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2006-09-16 の記事

「飢餓の国」小学生が体験

お久しぶりです。大分からmanamiです☆

今日の読売新聞朝刊に載っていた記事です。


〜食がもったいない〜

肉は9日に一度・・・卵は1週間に一度・・・牛乳は6日でコップ一杯・・・
2015年の日本で、食料の輸入がすべてストップしたら、1日の食事のメニューはどうなるか?
農水省がまとめたシュミレーションではこんな予想が公表された。

主食の米は、朝・夕に各茶碗一杯。おかずは夕食に焼き魚一切れを食べられるが、朝と昼はジャガイモやサツマイモでまかなう。
みそ汁も2日で一杯だけ。


しかも、食料自給率が現在の40%から45%に増えていることが前提だ。

現実に起こりうる、こんな日本の食糧事情を子供たちが体験する試みが新潟県の小学校で行われている。
題して「食料その日」5年生の児童が、自分たちで栽培・飼育した農作物や家畜だけに頼った食事をとる、1泊2日の体験学習だ。

〜中略〜

「食料その日」で、飢餓の国と同じ体験をした児童たち。
翌朝は空腹感などで机に伏せてしまう児童もいた。

体験後は給食を残さなくなり、好き嫌いがなくなった子が多いそうだ。

〜中略〜

飽食の国・日本で、食べるものの大切さを次世代に伝える動きは、少しずつ広がっている。


                          以上
今の私たちに出来る事はなんでしょう・・・
考えさせられました・・・ =manami=

ブログランキングに参加しています。
このままじゃやばいって思う方は、
ポチっとクリックお願い致します。 

         ↓
人気blogランキングへ


Posted at 2006年09月16日 09時30分13秒  /  コメント( 1 )