『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2006-09-15 の記事

ポイントオブノーリターン


年々加速する温暖化。
多くの科学者が今世紀末に起こるだろうと予測した
現象が、今すでに現れ始めているようです。

現在、明治初期とくらべて、地球は0.8℃温度上昇をしているそうです。
サンゴの死滅が、もう始まっていて、気候変動も激しくなってきており、
地球温暖化が原因で亡くなっている方は、年間15万人もいるそうです。

さらに1.5℃上昇すると、100万種類以上の生物が絶滅し、
2℃アップすれば、数十億の人類の生活が深刻な危機におちいるそうです。

気候には、慣性があり、仮に今、CO2を全部ストップしたとしても、
10年間は、上昇し続けるそうです。

わが国が世界に誇る世界最大規模のスーパーコンピュータ
「地球シュミレ−ター」によると、このままでいくと、
私たちの生態系が壊滅的な影響を受ける2℃アップは、
2028年だそうです。

ポイントオブノーリターン。 そこをこえると、もうもどれません。 
人類が、壊滅的な影響を受ける2℃を回避するためには、
2028年の10年前、2018年が、人類にとって、引返せない年になります。

そして、100万種類以上の生物が絶滅の危機になる1,5℃アップは、2016年です。
2016年に地球の大気の温度が1.5℃上昇するポイントオブノーリターンは、
10年前の2006年です。
なんと今年です。

今年を通過すれば、2016年に気温が1.5℃アップするのをだれもなにをしてもとめられません。
まさに、今から行動をおこさないと、間に合わないのです。

イギリスのブレア首相も気候変動問題に対して、7年以内に
重要な政策決定しなければ、手遅れになるだろうと述べています。

2020年、今日生まれた子どもが中学校に通う頃、
大陸部では、水不足が深刻化し、沿岸部では、洪水が続発する。
その子がハタチを過ぎる頃、
海面上昇によって多くの人が難民化する。

やがて、その子の子どもの時代には、
地球の気候のゆらぎが一層激しさを増し、
気候帯の移動によって生態系が変わり、
多くの人の暮らしが奪われてしまう。

そんな未来を想像させるひとつのシミュレーションがある。
地球の平均気温が、+2℃を越え、上昇し続ける。
これから100年の未来。

シミュレーション通りに進むか否か、
私たちは今、その分かれ道にいる。


あなたがこれから生きていく世界、
あなたの次の世代、あるいはその次の世代が生きていく世界が
気候変動の脅威にさらされる前に、
できることはたくさんある。
変えていけることは、たくさんある。


未来は、常にあらゆる可能性を持っている。
未来は、今日、あなたが知ること、感じること、
選ぶものや決めることで、変わっていく


参照

気候変動プラス2℃
ダイヤモンド社 山本良一(東京大学教授)責任編集 



ブログランキングに参加しています。
このままじゃやばいって思う方は、
ポチっとクリックお願い致します。 

         ↓
人気blogランキングへ


Posted at 2006年09月15日 12時03分04秒  /  コメント( 0 )