『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2006-09-11 の記事

中国の汚染の実態の内...


産経新聞社の記事より

中国、疾病増加 食の安全警鐘 重金属や農薬で河川6割汚染 内部資料入手

【上海=前田徹】中国全土の河川の6割が水銀など危険な重金属や農薬で汚染され、
こうした水質悪化が疾病の8割、さらには病死の3割に関係していたと指摘した
中国食品薬品監督管理局の内部資料が明るみに出た。

 それによると、産業廃棄物による深刻な汚染は
中国全土の河川と湖の6割におよび、残りの河川もまだ軽度ながら汚染が進んでいる。
さらに農産物に影響のある全潅漑(かんがい)用水の2割が
規制基準を大幅に上回る水銀に汚染されている。
水質汚染が関係したとみられる症例は全疾病の8割、
病死の3分の1にのぼり、2004年以降、
幼児の頭が巨大化する奇病が汚染地域で次々に確認されているという。

中略
加工食品についても作業員による衛生管理の質が悪く不衛生としたほか、
偽ブランド食品の安全性に特に問題があると警告している。
衛生より利益優先のため、重さをごまかすのに牛や豚に水を注入したり、
大量の食塩を食べさせるなどのほか、ペンキの材料など
極度に毒性の強い添加物や防腐剤を使用するケースが多いと、
その危険性を指摘している。

中略

 この内部資料を検討した日本の食品関係会社の専門家は
「汚染はあまりにひどい。地方での調査は十分ではなく、
実態はもっと深刻なはず。
日本側は自らの検査能力を高めて安全を確保する必要がある」と話している。

参考
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060910/m20060910003.html

なんかめちゃくちゃ怖くないですか?
このまえも、中国産加工うなぎを輸入する際の、命令検査の
ずさんさが、報道されてましたけど、(中国うなぎは以前、強力な
合成抗菌剤が、使用されているということで、問題になりましたよね)
この場合は、厚生労働省の登録検査機関の5法人が、
サンプルを無作為抽出せずに検査していたことがわかったそうです。
要するに、明らかに、シロのものを、上のほうに、おいて、
それを検査する方法をとってたみたいです。
輸入の際、国が、検査しているからといって、これじゃあ安心できないですよね。

こういう中国産のものにかぎらず、今、私達が、食べる
食品で、100%安心ってものは、考えてみたら、もうないですよね。
いっくら気をつけていても、完全に無農薬の野菜とかほとんどないし、
必ず何らかの食品添加物を体に入れちゃってますもんね。

あとは、入れちゃったものは、ひたすら出すしかないですね。
要するにデトックスですね。
デトックスにも、いろんな方法ありますけど、
(半身浴、足湯、運動、サプリetc)
手軽なもの、続くものがいいですね。

カルシスト&カルシストX お役にたちますよ。

ブログランキングに参加しています。
ついでにこちらもポチっとよろしく。
感謝してます。

         ↓
人気blogランキングへ  
 環境カテゴリーと、ヘアケアスタイル(こっちは、最近意味あんのか?つう疑問が・・・
でも、一応美容室だし・・・)に登録してますが、一時期調子よく、ぐぐっとあがって
いきそうになったんですけど、最近ずるずるっと落ちてきちゃったんで、
ここは、ひとつ、よいしょっと、クリックおねがいしまっす。頑張りまっす。
       


Posted at 2006年09月11日 10時55分47秒  /  コメント( 0 )