『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー

教えてあげた〜〜〜〜い!!



ある有名な雑誌(ananだけど)に、あるエッセイストさんが、書いてた記事なんですけど。

以下、ところどころ抜粋

突如「環境モンダイ」が、気になるようになってしまった。
・・・
「せめて」と思って、界面活性剤の入っていない「自然と地肌にやさしいシャンプー」
をいくつか試したりしてみたけれど。
洗い上がりがベタッとしたり、逆にゴワッとしたり・・なかなか「美と環境」が両立しない!
・・・・
考えれば考えるほど、<オシャレしたい女ゴゴロ>と<環境にやさしい行動>のあいだに、どうしても埋められない溝がある。・・・女の子は(自分も含め)、「エコ」ってださくてイイコトなさげで、そう、うかうかと“そっち”にいけないんだと思う。・・・「環境」と「女子」のあいだ、埋めるアイデア、アイテム、システムが、もっともっと増えますように。

ってありました。
もうね。「ビーワン教えてあげた〜〜〜〜い!!」って思いましたよ。


最近は、環境問題に興味のある人が増えてきて、とても喜ばしいんだけど、
(てか、もう、どんな鈍感な人でも、なんかおかしいって感じ始めてるよね)
やっぱ、オシャレと、環境は、両立しないって思っている人がまだまだ多いのかなぁ。

でもね。ビーワンならできるんです

おしゃれしながら、キレイになりながら、環境をきれいにできるんです!

ビーワンは、今あるものを、変える必要はありません!
ビーワンに、今あるお気に入りのものを混ぜて使うだけ!!
たったこれだけなんです。
そうすることによって、化学物質の量をかなり減らせるうえに、さらに、そのお気に入りの物の、
良いところをパワーアップさせますからね。
そして、流した排水が、どんどん環境をきれいにしていきます。

いっつも、レディースの会とかで、いってるんですけど、女の人が、お化粧を落とすのに、
どんだけの油が、化学物質が、排水として流れるのか考えたことがありますか?
あと、シャンプーとか、ボディーソープとか、洗剤とかetc・・・。

ちなみに、日本の女性約3000万人が一年間に使用するおおよその量は

クレンジング剤、洗顔剤 ⇒ ドラム缶におよそ109万本
シャンプーやトリートメント⇒ ドラム缶におよそ200万本
台所用洗剤        ⇒ ドラム缶におよそ100万本
洗濯洗剤         ⇒ ドラム缶におよそ100万本

なんだそうです。もうどんだけ〜〜〜って感じですよね。
このほかにも、あげると、排水として流れる化学物質の量って、想像もできないぐらいの量ですよね。確かに、原液で、流してしまえば、オシャレと、自分がキレイになる(と思っていること)と、環境は、一致しません。
おしゃれすればするほど、自分がキレイになればなるほど、環境は悪化してしまいます。


でもね。ビーワンならば、自分がきれいになればなるほど、
環境も、どんどんきれいになっていく。

こんな素敵なことって、ないと思いません?


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ

Posted at 2007年10月12日 12時11分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*