『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー

小さな物語


素敵なお話を見つけたので、ご紹介します。

「あるがままでいいんだ。」
「そのまんまでいいんだ。」
そう思えない人もいるかと思います。
そんな人は、このお話をぜひ読んでみてください♪
少しでも、こころを豊かにする、手助けになればうれしいです☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(作者不明 菅原裕子訳)

インドのある水くみ人足は、2つの壷を持っていました。
天秤棒のはしに、それぞれのツボをさげ、首のうしろで天秤棒を左右にかけて、
彼は水を運びます。
その壷の一つには、ひびが入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人さまの家まで一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は、人足が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人さまの家に着くころには半分になっているのです。

完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を、彼は常に達成することができたからです。
そして、ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。
なぜなら、彼は、半分しか達成することができなかったからです。

二年が過ぎ、すっかりみじめになっていたひび割れ壷は、
ある日、川のほとりで水くみ人足に話しかけました。
「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」
「なぜそんな風に思うの?」水くみ人足は言いました。
「なにを恥じてるの?」
「この2年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人さまの家まで
水を半分しか運べなかった。
水がもれてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、その努力が報われることがない。
私は、それがつらいんだ。」
壷は言いました。

水くみ人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。
「これからご主人さまの家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花を見てごらん。」
天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、ひび割れ壷はお日さまに照らされ
美しく咲き誇る道端の花に気づきました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人さまの家に着くころには、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、
水くみ人足にあやまりました。
すると、彼は言ったのです。

「道端の花に気づいたかい? 花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい? 
僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、僕たちが小川から帰るときに水をまいてくれた。
この2年間、僕はご主人さまの食卓に花を欠かしたことがない。
君があるがままの君じゃなかったら、ご主人さまは
この美しさで家を飾ることはできなかったんだよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、自分が欠点だと思っているところが、人から見たらステキなところなのかもしれません。

そんなところが、人を幸せにしています。

自分が知らないうちに。そして、人はそんなところに気づいていたりします。

そういう風に、自分にも人にも接してあげられたらいいですね。


ブログランキングに参加しています。
ここはひとつ、ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ

Posted at 2007年01月23日 10時22分03秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*