スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
豊かに生きる秘訣

上質な暮らしを垣間見るには?

最近、全国的に色々なヒトと出会う機会があります。

そういったなか、
「普通に生活していたら絶対に出会うことがないだろうなぁ」
と思う上質な暮らしをしている人もいます。


しかし、そういったヒトと出会わない限り、実感としてその人
のワールド(世界観)は感じることが出来ません。

また人の判断基準のなかで、「関係ある、関係ない」というものが
あります。

関係ないと決め付けていては、その先の世界を見ることは
出来ないでしょう。


僕は建築家として、ありがたいことにそういった人たちと接する
機会をいただき、「何が違うのか?何が思ったほど変わらないのか?」
などを見てきました。

そのなかで、一番違うのが「物の捉えかた、考え方」でした。

例えば、そういった人たちは人を批判するということをしません。

これはいつも勉強になっているのですが、
「人を批判すると、それがそのまま別の形で自分に帰ってくる」
ということを経験してきたからです。

これはとても効果があり、批判をしないと決めると、その時点で
人生の流れの変化を感じることが出来ます。

人生を豊かに生きている人たちから学べることは本当にたくさん
ありますね。

また彼らの生活を垣間見るだけでもその学びを体感することが
出来ます。

9月30日に広島で行う僕のセミナー
「住まい環境が人生を豊かに幸せに導く知恵」もおかげさまで満席。

このセミナーでもそういった住まい観のエッセンスを体系だてて
お話しようと思っています。

Posted at 2006年09月27日 09時22分15秒  /  コメント( 0 )

自然に触れ合う大切さ


 【山中湖から見える富士山】

先日、妻と一緒に山梨県の山中湖に行ってきました。

夏の富士山は、なんだか穏やかな雰囲気がありながら
雄大で、本当に癒されてきました。

ホテルもすばらしく、とても「気」がいいんですね。

面白かったのが、いい場所にいい建物が建つと、気のいい人が
集まる・・・そういったことを体験しました。

でも山中湖はクセになりそうですね。

Posted at 2006年09月07日 22時58分22秒  /  コメント( 0 )

神隠し 〜屋久島の旅から〜


【片道5時間かけて歩いてたどり着いた縄文杉】


先日2泊3日で行ってきた屋久島の旅。

地元の友人にいろいろと案内されて充実した
日々を過ごせました。

そういった中、とても興味を引いたのが神隠し。

実は友人のTは、子供のころ神隠しにあいそうに
なりました。

「ここだよ。ここで、おばあちゃんの姿をした
 人に呼び止められ、一緒に行こうといわれたん
 だけど、そのときはついていかなくて・・・」

実はそのとき、本当におばあちゃんは別のところに
いたらしく、本人も「神隠しに会いかけたね」と
言われたらしい。

それ以外にも数年前に無くなった人の実話で、
睡蓮の花を取りに行って、実際に神隠しにあったけど
3日後に戻ってきた話など、不思議な話をたくさん
聞きました。

また地元の人は、安易に山に足を入れないとのこと。

なぜなら子供のころから、山は神様の住む場所として
親から言われていたから。


屋久島では昔から悪いことをすると「わろ」という妖怪に
連れ去れらせるという話があります。

だから屋久島の子供たちは悪いことをしていると
「わろに連れて行かれるぞ!」といわれると、とたんにおとなしく
なります。

昔はどの地方にもあったこういった話が、実は子供教育のとても
根源をなしていたことが伺えます。


KEI

Posted at 2006年07月30日 22時24分27秒  /  コメント( 2 )

成功する共通点

昨晩から東京に来ています。
僕が懇意にしている、某氏の勉強会に参加しました。

内容は出版に関する心構えや知識など。

現在、出版の準備をしていることもありいろいろと
学ぶことが多かったですね。

そういった中、彼がいった言葉でなるほどと思うことが
ありました。

「結局、最終的には『己を知る』『自分自身何者か?』
 この部分に気付き、そこを掘り下げる人が息の長い
 作家になるんです。単なる時流だけで物事を考えると
 結局続かないんですよね。」


これは、全ての豊かに幸せに成功している人たちの
共通点でもあります。

肩書きではない、自分らしさとは何でしょう?

僕の場合は
「建築を通じて人生の本質を伝える伝道者」です。


あなたの中から、自分らしさの言葉を作ってみてください。

Posted at 2006年07月15日 09時26分44秒  /  コメント( 0 )

4日間の旅

ちょっとの間のご無沙汰になりました。
実は、先週の中ごろに愛用のVAIOがクラッシュして
しまいました。

そしてこの月曜日から4日間旅に出ていたので
その前の日に新しくLETS NOTEを購入。

旅先にもNOTEを持っていっていたのですが、
とても楽しい日々を送っていたのでブログ自体
を書くことを忘れていました(笑)。

もちろん、これからもいろいろな日々の気づきを
中心に発信していきますので、改めてよろしくです。

継続することの大切さと、束縛されない精神性との
バランスはとても大切だと思います。


実は今回の4日間の旅は、僕のメンターや仲間との
合同合宿。

僕がこの合宿に参加した目的は、家族の絆の探求です。

この合宿は人にフォーカスして、人のあり方や家族の
あり方などを探求していくことが主題です。

これは僕が実践しているすまいづくりの根底にもなる
ところで、今回はより深くすまいと家族の絆の関係を
探求することが出来ました。

これは本当に大好きなテーマで、これからも実際の
すまいづくりなどを通じて、「豊かに幸せになる」エッセンス
を伝えていこうと思います。

Posted at 2006年07月07日 00時40分51秒  /  コメント( 0 )

振り子のごとく

先日、ブログの投稿「無駄なものは何もない」に対して

>現状を静かに肯定的に受けいれられる時
>とそうでない時が振り子のように行ったり来たり。
>だんだんその幅がせばまって静止できる時が来るのでしょうか。

というコメントをいただきました。

「自分の身に起こることは無駄なものなど何もなく
すべてのことを受け入れる」という主旨に対してのコメント
ですが、確かにこのように考えると苦しいこともたくさんあると
思います。

「すべてを受け入れないといけない!もっと素直に!もっと肯定的に!」
こういった心が働くのではないでしょうか?

しかしこのときにお話したことに補足するとすれば、
「別に肯定しなくてもいいし、否定的な感情がわいてきてもそれでOK。
 そこで大切なのはどうして自分の気持ちが否定的になったかを感じる
 こと」だということです。

物事は極端に一方の考え方をしようとするとその反動で必ず
もう一方のほうに引き寄せられます。

ポジティブで行こう!と思いすぎると必ずネガティブに引きずられるのです。
振り子のごとく、感情を揺さぶれるのです。

だから、もしあなたに極端に物事を考える癖があるようでしたら
まずそのことに気づいてください。

人は感情の生き物です。プラスにもマイナスにも振れて当然です。
後は、自分がどうしてそういった振れかたをするのかを知ることが
大切なのです。


KEI

Posted at 2006年06月29日 00時15分04秒  /  コメント( 4 )

無駄なものなど何も無い

今日久しぶりに、公の場で行われる経営セミナーに参加しました。
会場には250名ほどに人が集まっており、大変盛況でした。

今回の講師であるFさんは、僕自身4年前に彼の本を見て色々
な気づきを教えてくれた「本」を通じての恩人。

そして今日直接会って、お礼を言うことが出来ました。

そしてセミナー終了後、このセミナーに参加していた近隣の
大学に通う大学生がいました。

彼の専攻は電気でいわゆる理系、技術系です。

「確かに、電気という分野は好きだけど、もっとお金というか
世間のことを知りたいと思って参加しました。なんだか最近
自分の身の回りに起こる出来事を考えると、電気を専攻して
学んできたことがとても遠回りで損したような気がしてきました」
と彼が僕に言いました。

それに対して、
「損得でなくて、今まで経験してきたことは全く無駄はないよ。
逆に、今やっていることに集中しないで、他のことばかり考えて
いては、それこそもったいないと思うよ。もちろん電気以外の
道もあるだろうけど、電気の道を否定して極端に違う道を探そう
とすると、単なる反動になって、また迷うだけだからね。まずは
今までの人生に全く無駄は無かった。色々と意味があり経験させて
くれてありがたい!・・・という気持ちからいい循環が生まれるんだよ」
と話をしました。


この話を聞いてはじめはどぎまぎしていた彼ですが、徐々に明るい
顔になってきました。

彼だけでなく、世の中のほとんどの人が、今ある環境に愚痴を言ったり
文句を言ったり、「無駄なことをしている」と思い込んでいます。

でも、その人生を選んでいるのは自分で、それを否定することは
自分の人生を否定していることと同じです。

今日Fさんのセミナーの中でも
「ありがたいなぁ。ついてるなぁ。と心底心のそこから思うとそういう
循環が流れてくるんですよ。」

と言っていました。

まさにそのとおりだと思います。
まず今の自分自身を受け入れて、認めてあげるところからスタートして
みましょう。

Posted at 2006年06月21日 23時13分27秒  /  コメント( 4 )

なじみのお店


 【サプライズのデザート】

先日、僕の誕生日で毎年誕生日付近に行く
ワインバーに妻と二人で出かけました。

このお店は広島の白島にあり、かれこれ6年くらい
通っています。

お店の場所も一度変わり、内装やお店の名前も3回
くらい変えられました。

お店の名前を変えるのは、ターゲットにする客層と
店の雰囲気を一変させるため。

常に前向きに、自分の思い描いている店にグレードアップ
しながら成長しているこの店の姿勢はいつ見ても気持ちが
いいですね。


ここに繁盛しているお店のマインドを垣間見ることが
できました。

いつもありがとう。

Posted at 2006年06月19日 09時00分34秒  /  コメント( 4 )

今していることをどう考えるか?

「今やっていることは自分にとって価値が無いよ」
「どうして、自分がこんなことやらされないといけないんだ!」
「もっと自分らしい仕事があるはず」


などなど、今していることを否定的に捉えている人が多くいます。

その気持ちよく分かります。
僕も5年位前まではまさに「愚痴マン」でしたから(笑)。


でも、あるときから、一切の愚痴を封印することにしました。

なぜ、そうしたか?
「愚痴の延長上はずっとその延長だよ」
と、師匠に言われたからです。

その時は、いまいちピンと来ませんでしたが、根が素直な僕は(笑)
それを実践してみました。

すると、面白いことが起こりました。

今していることがとても意味のあることに見えてきたのです。

「おぉ〜、なるほど、今これをやっているということは将来のこの
 部分にいみがあるのかぁ」


これは豊かさの循環の源の一つです。

Posted at 2006年06月02日 22時32分53秒  /  コメント( 2 )

最高の打ち合わせ場所


【落ち着いた雰囲気のカフェラウンジ】

あなたは「これは!」という打ち合わせをする場所が
ありますか?

もちろん事務所の打ち合わせ場所もひとつでしょうが、
街中に落ち着いて打ち合わせできる場所をもっていると
最高にいいひらめきや発想を得ることがあります。

落ち着いていて、しかもインスピレーションが湧きそうな
場所。

 例えば
  ・落ち着いたカフェ
  ・品格のあるホテルのラウンジ
  ・静かな美術館にあるカフェ
 などなど。


あなたの中でもそういった場所をぜひ見つけてください。
きっといい発想やチャンスが生まれると思いますよ。

Posted at 2006年05月29日 22時27分35秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ