スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
好きを見つける方法

好きなことを見つける方法 その3

前回好きなことを見つける方法として、
「子供のころ好きだったことを探ってみる」
という話をしました。

子供のころ夢中でやっていたことは思い出せましたか?
※ちょっと前の投稿だったのでよかったらもう一度やってみてください

また思い出せなくてもどんなことが好きだったか
イメージできるだけでもOKです。

そして、次に大切なのが、
それをとりあえずやってみる
ということ。


実はやってみないと本当に自分が好きなことかどうかは
実感できない部分があります。

たとえば子供のころから絵を書くのが好きだった人は
週に1度くらい、絵を書く時間を作ってみる。

それと、もうひとつ大切なことがあります。

それは、自分が好きなことをやっているコミュニティーを
見つけるということです。

これは、自分の好きなことを深めるにはとても大切です。
まずは、自分が好きなことをやってそしてコミュニティーを
見つける・・ぜひやってみてください。

Posted at 2006年07月16日 09時16分04秒  /  コメント( 0 )

良さを見つけ出す


【現在計画中の土地】

これは、現在住宅を計画している土地です。

荒地にも見えると思いますが、僕の仕事はこの中から
「キラリ!」と光りだすものを見つけることです。

周りの風景、空、太陽、みどり、流れる風・・・・・
こういったキーワードから現地でそれぞれの特徴を
見出すのです。

・・・と文章に書くとこんな感ですが、現地では直感で
みていますが(笑)。

どんなものでもそうですが、こんな荒れた土地でも
その良さを引き出すことは可能ですし、その良さを引き出せた
時は快感ですね。

これは何も建築の話だけでなく、全てのことに繋がります。
普段から良いところを見つける癖をつけると物事の見え方も
変わりますよ。

Posted at 2006年05月31日 21時25分01秒  /  コメント( 0 )

好きなことを見つける方法 その2

前回 好きなことを見つける方法 その1 の続きです

これまで沢山の方にであってきましたが、
好きなことをもっている人がとても少ないことに
気がつきました。

そんな風に言うと

「そんなことないよ。映画を観るのが好きですよ」
「ドライブだったら気晴らしで好きです」

と言った意見を言われそうですね。

ですが、この場合の好きは僕が言っている「好き」とは
若干ニュアンスが違います。

そこで、今回は僕が言っている「好き」なことをイメージして
もらえるよう、一つワークをプレゼントします。

【ワーク】
--------------------------------------------------------------
自分が子供の頃、3歳〜12歳くらいまでの間で大好きだった
ことを思い出してみてください。

もし思い出すことが出来ない場合は、両親に聞いてみてください。

また、小さなお子さんがいる場合は、そのお子さんを見て自分が
子供のころ大好きだったと感じるものをイメージしてみてください。
--------------------------------------------------------------

このワークで面白いのは、意外と子供の頃大好きだったことが原点に
なっているということが分かるところです。

僕は小さい頃、大工か漫画家になりたいと思っていました。

そして今フタを明けてみると、絵を描きながら住まいを作り上げる
建築家になっています。

このようにライフワークに生きている人たちは、子供の頃大好きだった
ことと結構関連づいたことをしていることに気づきます。


そして、今小さなお子様をお持ちの方へ・・
「その子の才能を否定せず、飽きるまでやらせてください」

そうすることが、将来の生きる活力になっていくと僕は確信しています。

Posted at 2006年05月11日 09時09分09秒  /  コメント( 0 )

好きなことを見つける方法 その1

「八納さんは、建築という好きな仕事で出来ていいですねぇ」
と、言われることがあります。

確かに建築という仕事は僕のライフワークだと思います。
とても大好きな仕事ですし、幸せだなぁと感じています。

話せば1冊の小説になるくらいの内容がありますが、好きなことを
見つけるのは「コツ」があります。


こういった話をすると
「でも、自分にはそんな才能がないし、無理ですよ」
という人もたくさんいます。

なぜそのように言うのでしょうか?

実は、この言葉にはいくつかの意味が含まれています。
 
 ●好きなこと自体今まで考えたことがない
 ●好きなことでお金を稼ぐくらいの才能がないとダメ
 ●自分の好きなことは人に見せられるようなものでない

などなど・・

どうしても、自分自身を責めてしまう言葉が出てきがちです。

でも、良く考えて欲しいことがあります。

「好きなこと」はそんなにややこしいことでしょうか?
「好きなこと」は自分に出来ないことでしょうか?

シンプルに紐解いていくと好きなことは、
「夢中になって時間が経つのを忘れてしまうくらい没頭するもの」
です。

ここのところを忘れてしまう人が多いのが残念です。
また「好き」なことと「得意」のことを混合している場合もあります。

もちろの「得意」なことが悪いわけではありませんが、混合しないこと
も大切です。

このコーナーでは、今後「好きなことを見出すこと」などを中心に
お話していきます。

実は、住まいづくりでもこのポイントは大切です。
そこの関係性も今後お話しますね。

Posted at 2006年05月07日 09時23分30秒  /  コメント( 2 )