スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
家族の絆を育むパッシブハウス

完成見学会

家族の絆を育むパッシブハウス 3/21日に完成見学会を行いました。







これまでこの家の性能について断熱と気密を高性能に考えてきたことを書いていますが、
見学会でその性能を実感できたのが一番大きかったと思いました。

この規模の家でもエアコン一台で問題なく機能して外は雨と雪が混じる形で非常に寒かったのですが家の中の温度に影響なく温めた後はエアコンを切っても問題ないほどでした。

空間の雰囲気もとてもよく非常に良い家ができたと思います。

C値、Q値、トリプルLOWEの樹脂サッシ、第一種換気熱交換型、高性能断熱材等々パッシブハウスを追及して数値の結果を実感できるというのは非常によい経験にできたことと
パッシブハウス=エコ住宅ということでこれからの家づくりを基盤になる部分なのでしっかりと今後の家づくりにも生かしていければと思います。

K様見学会に快く使わせていただきありがとうございました。
また現場に携わった方にもお礼申し上げます。

スタッフ 平田

Posted at 2014年04月13日 19時18分40秒  /  コメント( 0 )

気密測定・外壁下地等現地の様子

家族の絆を育むパッシブハウス

気密測定の様子です



検査の結果C値は0.254㎠/屬箸いΔ海箸撚搬欧励を育むパッシブハウスでは断熱と気密を注視して進めてきたのでハイレベルな数値がでたことは非常に良かったと思います。

日程の関係上、検査に私が立ち会うことができなかったのは残念でしたが、現場監督さんのもとしっかりと検査いただいたので写真はその時のものを載せています。

通常竣工後に検査を行ったりするのですが、内部のボードなど押さえのない状態でしっかりと気密が確保できているということは断熱施工の精密性を確認する作業になるので非常によかったです。



配管等の処理しっかり気密テープにより施工されていることを確認しました。





外部側 外壁の下塗りがおわっています。
これからは竣工にむけて内部の設備関係や仕上げが主となってくるので現場はいろんな業者がはいってきてあわただしくなりますが、しっかりと作業していってもらえればと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 20時00分42秒  /  コメント( 0 )

現地打ち合わせ〜断熱検査

家族の絆を育むパッシブハウス

現地打ち合わせにて確認項目を整理してきました。

高性能の4枚ガラスの木製サッシが設置終わってました。



気密性能、断熱性能がかなりハイレベルな上4枚ガラスとなると防音等にも一役かう特注品です。
重さもかなりあり施工が大変だったと現場の方が話してました。



外部周りの様子です。壁はまだ下地段階ですが、Q1ボードという断熱材を追加で付加して通常の壁の中の断熱とプラスしているので建物の壁の厚みがいつもよりだいぶ大きいです。



断熱熱材の貼り始めの様子です。
断熱材の施工については貼り始めの際に製品の注意事項や施工方法を再度現場と認識に間違いがないかを確認し隙間なく施工できるように確認をしました。



筋交いなどの部分もきれいにカットし詰めていただいています。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時44分18秒  /  コメント( 0 )

中間検査

家族の絆を育むパッシブハウス

中間検査を行いました。



構造の壁となる部分を第三者機関の方によって一つ一つチェックしていきました。

今回外装下地はダイライトを使用しています。

通常の合板と違って釘を打つ際に一回で打とうとすると打ちこみが強すぎ凹みができるため

仮打ちのあとトンカチによる手動での本締めをされていました。

機械による打ちこみ・手動による打ちこみどちらも加減などが職人の技と丁寧さが感じれました。



現場には断熱材も届いてました。



施工チェックなどまた現地に行きたいと思います

スタッフ 平田

Posted at 2014年01月20日 11時20分04秒  /  コメント( 0 )

現場打ち合わせ 

家族の絆を育むパッシブハウス

2013年12月年末に電気コンセント関係の打ち合わせを行いました。

設置高さなどは図面だけでは認識間違い等があるため実際に上棟後に現地を周って確認していきます。

現場のほうはサッシが搬入されています



このサッシに決まるまでのいろいろな流れは語ると長文になるので割愛致します。
一言で言うと非常に高断熱・高気密に優れたサッシです。





他の現地写真です

上棟後 12月は大工さんが大忙しであまり進んでいませんが工程の遅れを取り戻す検討相談をおこない。当初の竣工予定内には調整できそうなので順次作業を進めていければと思っています

スタッフ 平田 

Posted at 2014年01月20日 10時49分58秒  /  コメント( 0 )

上棟式

家族の絆を育むパッシブハウス

上棟作業上棟式を行いました。



大きい建物なので1.5日がかりの上棟作業となりました。



天気も良好ですが、最近は日が落ちるのが早くそのあたりも作業日数に影響を及ぼしていました。
しかし大工のみなさんの手際の良さには毎回感心させられます。




上棟式の様子です。

場の空気も清まってこれから現場がどんどん進んで行くのが非常に楽しみなのとともに
しっかり現場と連携して作業していこうと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2013年12月07日 22時20分39秒  /  コメント( 0 )

K様邸 地鎮祭 参加

家族の絆を育むパッシブハウス

地鎮祭を行いました。



着工自体はまだ先になる予定のK様邸ですが、現地の解体が終わり都合のいい時期ということで開催しました。

まだまだ続く暑さの中で汗だくになりながらでしたが、K様本日はおめでとうございます。



地鎮祭後はランチをとりながら打ち合わせを行いました。

パッシブハウスの主となる仕様の確定に向けて着実に進んで行っているので今から非常に楽しみです。



地鎮祭後の記念撮影の一枚

※掲載の許可をいただいて使用しております

スタッフ 平田

Posted at 2013年08月18日 19時22分33秒  /  コメント( 0 )

広島のデザイン設計事務所ではほぼ初になるでしょう「パッシブハウス」



2013年の1月にドイツにエコ建築の視察に行った際に「ぜひドイツの最先端の知識と知恵を導入したう家づくりを日本でも展開したい!」と心に誓いました。

その前後で出会ったのがK様です。
K様もパッシブデザインに興味があり、一緒にパッシブハウスを作っていこう!と盛り上がりました。
3月にはパッシブハウスジャパンの省エネ建築士を取得、日本のパッシブハウスを探求している数名の建築家とも出会い、設計がまとまっていきました。

現在、工務店の見積中で、8月下旬ぐらいから工事に入る予定で進行中です。

コンセプトの「自然を通じて家族の絆を育むパッシブハウス」ですが、庭で家族で薪割りをしたり、家庭菜園をしたりと自然とふれあうイベントを盛り込んだライフスタイルを構築したいというところから決定しました。

パッシブデザインもそうですが、熱損失係数Q値=0.8を実現させた省エネ住宅でもあります。
その他、パッシブハウスデザインの先駆者たちにもヒヤリングしながら、より洗練させたいと考えています。

Posted at 2013年07月23日 14時47分30秒  /  コメント( 0 )