スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
4現場日記!(竣工有)

福山でプロジェクトがスタートしました



メールでのお問い合わせがご縁で、設計依頼をいただいたプロジェクト。実家の建替え、耐久性が高く快適に暮らせる高気密高断熱化を図りました。また家族の発展と健康運が促進される家相的間取りも盛り込みました。

8月着工予定で進んでいます。

Posted at 2014年06月20日 00時42分37秒  /  コメント( 0 )

21世紀型オフィスプロジェクトがスタートしました



長年の友人でもある櫛さんの会社「ジャパンツゥリスト」様が新社屋を建てることになり
ご一緒させていただくことになりました。

コンセプトは「世界をクリエイティブに繋ぐオフィス」。
旅行会社であるジャパンツゥリスト様が、世界をクリエイティブに繋ぐことをビジョンに
してこのオフィスの建設に取り掛かりました。

また、冷暖房負荷が低く、熱損失係数Q値=1.6を実現したオフィス。
次世代省エネ基準の住宅の約1.7倍の性能を有し、ほぼ中国地方初の高性能オフィスが
完成する予定です。

6月に着工し、10月に完成予定です。

Posted at 2014年05月30日 00時43分27秒  /  コメント( 0 )

完成見学会

家族の絆を育むパッシブハウス 3/21日に完成見学会を行いました。







これまでこの家の性能について断熱と気密を高性能に考えてきたことを書いていますが、
見学会でその性能を実感できたのが一番大きかったと思いました。

この規模の家でもエアコン一台で問題なく機能して外は雨と雪が混じる形で非常に寒かったのですが家の中の温度に影響なく温めた後はエアコンを切っても問題ないほどでした。

空間の雰囲気もとてもよく非常に良い家ができたと思います。

C値、Q値、トリプルLOWEの樹脂サッシ、第一種換気熱交換型、高性能断熱材等々パッシブハウスを追及して数値の結果を実感できるというのは非常によい経験にできたことと
パッシブハウス=エコ住宅ということでこれからの家づくりを基盤になる部分なのでしっかりと今後の家づくりにも生かしていければと思います。

K様見学会に快く使わせていただきありがとうございました。
また現場に携わった方にもお礼申し上げます。

スタッフ 平田

Posted at 2014年04月13日 19時18分40秒  /  コメント( 0 )

気密検査

家族の発展を促す家

気密測定を行いました。



気密測定の結果はC値0.66㎠/屬任靴拭

玄関ドアがまだ仮設で空気の流れを大きく感じることができたので,玄関ドアが本設のものが設置されれば数値はもっと良くなっていたと思います。

木造で1㎠/屬鮴擇辰討い觧点で高気密なので問題なく施工が進めれることが確認できました。



断熱工事が終わり隙間なく断熱材が敷きこまれていることを確認しました。



こちらはコンセント・スイッチBOXなどがしっかり気密用のBOXを使用して施工されていることを確認しています。

ここから外壁などの作業も並行して進めていきますがちょうど気温が暖かくなってくるので
施工しやすくなってきて非常にいい流れの元に作業を進めることができると思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月18日 19時27分35秒  /  コメント( 0 )

気密測定・外壁下地等現地の様子

家族の絆を育むパッシブハウス

気密測定の様子です



検査の結果C値は0.254㎠/屬箸いΔ海箸撚搬欧励を育むパッシブハウスでは断熱と気密を注視して進めてきたのでハイレベルな数値がでたことは非常に良かったと思います。

日程の関係上、検査に私が立ち会うことができなかったのは残念でしたが、現場監督さんのもとしっかりと検査いただいたので写真はその時のものを載せています。

通常竣工後に検査を行ったりするのですが、内部のボードなど押さえのない状態でしっかりと気密が確保できているということは断熱施工の精密性を確認する作業になるので非常によかったです。



配管等の処理しっかり気密テープにより施工されていることを確認しました。





外部側 外壁の下塗りがおわっています。
これからは竣工にむけて内部の設備関係や仕上げが主となってくるので現場はいろんな業者がはいってきてあわただしくなりますが、しっかりと作業していってもらえればと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 20時00分42秒  /  コメント( 0 )

現地打ち合わせ〜断熱検査

家族の絆を育むパッシブハウス

現地打ち合わせにて確認項目を整理してきました。

高性能の4枚ガラスの木製サッシが設置終わってました。



気密性能、断熱性能がかなりハイレベルな上4枚ガラスとなると防音等にも一役かう特注品です。
重さもかなりあり施工が大変だったと現場の方が話してました。



外部周りの様子です。壁はまだ下地段階ですが、Q1ボードという断熱材を追加で付加して通常の壁の中の断熱とプラスしているので建物の壁の厚みがいつもよりだいぶ大きいです。



断熱熱材の貼り始めの様子です。
断熱材の施工については貼り始めの際に製品の注意事項や施工方法を再度現場と認識に間違いがないかを確認し隙間なく施工できるように確認をしました。



筋交いなどの部分もきれいにカットし詰めていただいています。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時44分18秒  /  コメント( 0 )

断熱検査

家族の発展を促す家

現場にて断熱施工の検査を行いました。



今回カメラの性能がよくなく画像が不鮮明ですがご了承いただければと思います。

壁の断熱材は高性能グラスウールで木下地の間々をしっかりと採寸して断熱材を隙間なくぴったり納めていく作業は非常に手間がかかる仕事ですが、施工説明と住宅性能の理解のもと丁寧に作業していただいていることを確認できました。



まだシート等は張り終えていない状態で先に施工レベルのチェック・指導をしてしっかりと確認できたのでシート施工を終えた後の気密測定に備えていければと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時22分01秒  /  コメント( 0 )

上棟式〜中間検査

家族の発展を促す家

上棟式から中間検査までの様子です。



壁の中に御神楽をあげて工事の安全等をお祈りしました。



工期時期的に少し遅れが目立つのでしっかりと調整確認しながら進めていければと思います。

こちらは中間検査の様子です。



中間検査では建物の耐力壁位置や金物の状況確認を主にします。



木構造の組み方上検査しにくい部分などは施工時の写真をしっかりとデータベース化して提出し、その写真をもとに確認という部分が多少でてきますがしっかりチェックをいただきました。

中間検査の後は棟梁さん、現場監督さんと今後について打ち合わせをしました。
棟梁さんは物静かなイメージで今までやりとりさせていただいている棟梁さんとは少し違うイメージを受けましたが、仕事が丁寧で非常にいい印象を受けました。

また報告致します

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時15分56秒  /  コメント( 0 )

完成見学会

幸せと安心感を生み出す家

完成見学会を行いました。



外観は漆喰の白と木板のバランスがよく雰囲気がとても気に入っています。
ぽつぽつと雨が降る天気でしたが、十数組の方が見学にきていただきました。



建物の中も白と木目のイメージで統一しています。
無垢のフローリングの質感や断熱性能の高いサッシについてなど
共感されるかたも多く非常に有意義な見学会となりました。



キッチン周りはお手入れのしやすさを重視して木板仕様をしていません。
このあたりはクライアントとよく相談して進めていくことで仕様が変わりやすい部分ではあります。

人が来られる時に数組一気にこられてでペース配分が集中型だったので少しバタバタしてしまい見学に来られた方にちゃんと詳細説明する時間がとり切れない部分もあったのでそのあたりは次回の改善事項だと感じています。

見学会を開かせていただきクライアント様にもう一度深く感謝いたします。

スタッフ 平田 

Posted at 2014年01月31日 19時17分09秒  /  コメント( 0 )

上棟

家族の発展を促す家

上棟しました。



上棟の時はいつも天侯が気になりますが快晴で寒さもここ数日前よりは厳しくなくて非常にいい上棟日和でした。



クラインアント様も同席されていたので談笑しながら立会いました。

息子さんが食い付くのところが他の現場の各クライアント様で違ったりして個性を感じます。




大工さんのほうも事故・ケガなく
無事終了しました。
現場の方はお疲れ様でした。

また報告致します。

スタッフ 平田 

Posted at 2014年01月25日 10時29分43秒  /  コメント( 0 )

前へ |  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  | 次へ