スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2014-01-20

中間検査

家族の絆を育むパッシブハウス

中間検査を行いました。



構造の壁となる部分を第三者機関の方によって一つ一つチェックしていきました。

今回外装下地はダイライトを使用しています。

通常の合板と違って釘を打つ際に一回で打とうとすると打ちこみが強すぎ凹みができるため

仮打ちのあとトンカチによる手動での本締めをされていました。

機械による打ちこみ・手動による打ちこみどちらも加減などが職人の技と丁寧さが感じれました。



現場には断熱材も届いてました。



施工チェックなどまた現地に行きたいと思います

スタッフ 平田

Posted at 2014年01月20日 11時20分04秒  /  コメント( 0 )

現場確認 

幸せと安心感を生み出す家

現場打ち合わせを行いました。



外壁の漆喰工事が終了して白くきれいに仕上がっています。(夕方写真で申し訳ありません)





内装のほうも壁紙が貼り終わりいよいよ完成に近づいてきていると実感します。

外装の一部で材量の不足などで足場が取れるのが遅れていますが、内装と並行して作業していくため工期に問題はないとしています。

打ち合わせでは手摺などの位置の最終確認をしました。

スタッフ 平田

Posted at 2014年01月20日 11時00分30秒  /  コメント( 0 )

現場打ち合わせ 

家族の絆を育むパッシブハウス

2013年12月年末に電気コンセント関係の打ち合わせを行いました。

設置高さなどは図面だけでは認識間違い等があるため実際に上棟後に現地を周って確認していきます。

現場のほうはサッシが搬入されています



このサッシに決まるまでのいろいろな流れは語ると長文になるので割愛致します。
一言で言うと非常に高断熱・高気密に優れたサッシです。





他の現地写真です

上棟後 12月は大工さんが大忙しであまり進んでいませんが工程の遅れを取り戻す検討相談をおこない。当初の竣工予定内には調整できそうなので順次作業を進めていければと思っています

スタッフ 平田 

Posted at 2014年01月20日 10時49分58秒  /  コメント( 0 )

断熱材施工

幸せと安心感を生み出す家

2013年12頃の様子です。

断熱材の施工を現場にて確認しました。



1Fの様子です。隙間なく断熱材が詰め込まれています。



こちらは2F断熱材とシートが隙間なく施工されていること、開口部周りなどの処理を確認しました。



石膏ボードを貼り終えたところです。



外部は漆喰壁の下地の網の施工を終えています

詳細や修正指示など細かい部分で現場の方にはいろいろとお手数をおかけしてしまいました。

現場の方も気持ちよく作業していただけるようしっかり段取りしていきたいと思います。

スタッフ 平田 

Posted at 2014年01月20日 10時31分53秒  /  コメント( 0 )

地鎮祭〜基礎配筋まで

家族の発展を促す家 

去年の11月頃に行った地鎮祭と基礎配筋工事までの写真です。

更新の遅れで間隔が開いてしまったことをお詫び申し上げます。



基礎配筋工事は今回非常に丁寧に造っていただいています。

基礎下に断熱材を敷く工事が非常に丁寧に作業していることに感激しました。

現場で作業された方に深く感謝します







また基礎完了や上棟作業等に向けて報告していきたいと思います

スタッフ 平田

Posted at 2014年01月20日 10時15分54秒  /  コメント( 0 )