スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2013-04-25

O邸 上棟

こんにちは!
新人スタッフの山崎です。

今日は、スタッフの三崎と共にO邸の上棟に行ってきました。
始めは私の運転で現場まで向かったので、
朝から怖い思いをさせてしまいました!ごめんなさい!

現場に到着すると、既に大工さんたちによって2階まで
とても綺麗に組み立ててありました。
大工さんたちが金づちで釘や木を叩く音と、クレーン車のエンジン音で
現場は賑わっていました。



私たちは、大工さんの邪魔にならないように離れた場所から
作業を観察しました。



お昼となり、美味しいお弁当をご馳走になりました!



お施主様より一言挨拶をいただき、
お気持ちが身にしみました。



お昼が終わり、私たちは金物の設置位置や寸法確認に入りました。
綺麗に取り付けられており、安心しました。

初めて見る金物が多く、実際の現場は確認を兼ねて勉強になります。



スタッフの三崎です。
本日はOさんの上棟日。
昨日行う予定でしたが、あいにくの雨だったので本日決行!!
Oさん、本日はおめでとうございます!!!

神主さんの予定が合わず、
上棟式は別の日になってしまいましたが
怪我なく安全に竣工できるように願いを込めました。



O邸は大屋根の軒先をフラットに見せるために
H型鋼で垂木を受けています。
現場監督さんと打合せをしてフラットに見せれるように知恵を絞って頂きました。
ありがとうございます。

次はコンセントの位置・スイッチの位置を決める打合せを現地で行います。
GWに行う予定ですが、大工さんも現場におられるとのこと。
これから熱くなってくるので、くれぐれも体調には気をつけて頂きたいです。


最後にもう一度。
Oさん!本日はおめでとうございます!!!

Posted at 2013年04月25日 18時30分35秒  /  コメント( 0 )

幸せを育む資産になる...

幸せを育む資産になる家 

現場に行ってきました。

今回は基礎配筋のチェックと基礎下の断熱材の敷き方が正しく施工されているかをチェックしました。



基礎の形状・配筋ピッチ・かぶり厚さ等をチェックします。

基礎下に断熱材を敷くのでそこから適正のかぶり厚さがとれているか、鉄筋と断熱材。立上り部部でいくと鉄筋と型枠材との間が適正とれているか、小型のブロックやスペーサー(ドーナッツなどとも呼びます)がしっかりと施工してあることを確認しました。



この後 底盤にコンクリートを打ち、立上り部分と分けて施工しますが、その際に止水処理の仕方等チェック項目があります。
建物が乗っかる土台となり重さなど力がかかる部分なのでしっかりと確認を怠らず作業を進めていければと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2013年04月25日 14時07分04秒  /  コメント( 0 )

只今基礎配筋中!! ...





隣地との境界が崩れないように、現場で色々な配慮をしながら進めているFさま邸。
工務店さんも丁寧に対応してくださるので、大変ありがたいです。

現在、基礎の配筋中です。
今回は基礎下に断熱材を設置して、コンクリートの蓄熱能力を高める方法を採用。

断熱欠損が内容に、現場で細かく手直しをしてもらっています。
こういうタイミングは、現場にも緊張感が走りますが、とても大切な瞬間です。

今日はスタッフも現地に行って配筋状況の確認作業です。

Posted at 2013年04月25日 13時19分50秒  /  コメント( 0 )

雨で上棟が一日延期に



4月24日に上棟予定だったO様邸。
雨で一日延期に。

今、現場は静かな時を過ごして待っています。

Posted at 2013年04月25日 13時13分54秒  /  コメント( 0 )