スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-07-13

建築家の家スタート

2年前近くからずっと土地を探していたのですが、ようやく
自分たちの思いに適った土地が見つかりました。

場所は広島市南区の某所(まだ正式に決済が終わってないので)。

多分、僕のクライアントの中でも土地が見つかるまでに一番
時間がかかったのではないでしょうか?

もちろん土地を探すための条件はたくさんありました。

その中でも大きな条件が、建てるタイミングとその方位。

この中でじっくりと探してきたわけです。

でも決まると本当に早いものです。

いつもクライアントの方を見ていたので予想はついていましたが
土地の契約や銀行融資など思っている以上に面倒くさいですね(笑)。

またこのあたりの話は僕が実体験を元にレポートしていきましょう。

KEI

Posted at 2006年07月13日 15時48分32秒  /  コメント( 0 )

シアワセユタカビト ...


   【上棟式の神棚】
〜シアワセユタカビトの家NO1〜

上棟に引き続き、天の神様たちに許しを乞う「上棟式」を
行いました。


   【四方を清める】


   【その様子を眺める参列者】

住宅を建てはじめる時に、地鎮祭というものを行いますが
この上棟祭(または上棟式)も大切です。

地鎮祭は土地の神様、上棟祭は天や建物、匠の神様に許しを乞い
そしてその地に建物を建てることを許可してもらうものです。

硬く書くとこのような言い回しになりますが、僕ら建築をやっている
人間にとっては、地鎮祭、上棟祭をした建物とそうでない建物とでは
まったく雰囲気が変わることを知っています。


僕は基本的に無宗教ですが、建物を建てるということに関しては
昔ながらの日本人の知恵や伝統文化はとても意味があると考えて
います。


 【上棟式後の食事会〜直会〜】

上棟式が終わると、神様に供えたお酒などを人がいただき、
神と触れ合うという意味の「直会」というものを行います。

そのときに、棟梁さん、大工さんなどを交えて食事会などを
行います。

建物は作り手の気持ちしだいで出来上がりが大きく変わる
とは常に言っていますが、この会でクライアントから大工さん
たちにその思いを語っていただいたりして、気持ちを入れて
もらいます。


今回もとてもいい会になりました。
10月完成に向けて、いい流れです。

Posted at 2006年07月13日 09時01分36秒  /  コメント( 0 )