スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-06-12

ローコスト大作戦!


【設備業者とクライアントとの打ち合わせ風景】
 〜資産になるローコストバージョン〜

この「資産になる家〜ローコストバージョン〜」では
工事の形態を建築・設備・電気と3つを分離して発注する
分離発注方式を採用しました。

通常は建築工事が頭になり、その下に設備と電気工事が入るの
ですが、今回はその監理費を削減させるために分離発注を
採用しました。

「じゃ、いつも分離発注にしたほうがローコストになるのでは?」
と思う方もいるかも知れませんが、責任問題や連絡体制、そして
各業者の信頼関係などがないとなかなか出来ません。


今回、クライアントが設備設計事務所の方なので、普段から付き合い
のある設備業者と電気業者に話をして実現させたわけです。

この画像は、その設備業者との打ち合わせ風景。

クライアントの真剣さは人を動かします。
さて、どんなドラマが待っているのか?

Posted at 2006年06月12日 21時07分44秒  /  コメント( 0 )

非日常空間をエンジョ...


【京都のとある旅館のエントランス】

先日、京都で建てていた住宅が完成して完成見学会を行うために
京都に行っていました。

「せっかくだから、観光気分で一緒に京都に旅しようか!」
と妻に話をしたところ「いいねぇ〜」ということになりました。

この画像は、京都市内にあるとある旅館ですが、道路から入ると
異空間が広がっていました。

丁寧に剪定された木々や枯山水。
流れる空気も違い、一瞬にして非日常空間に引き込まれました。

この日は、京都の先斗町で川床で夕食をとりました。


 【先斗町の川床】

異空間の中でのおいしい料理は体中にその養分がいきわたる
ような感覚があります。


旅による非日常空間と異空間での食事は最高の癒しになりますね。

Posted at 2006年06月12日 15時44分52秒  /  コメント( 0 )

ついに完成!広島・京...


【京都の完成見学会を行った資産になる家】

6月10日と11日に広島と京都でそれぞれ
構造、完成見学会を行いました。

広島は8月竣工予定の構造の見学会。
そして、京都はこの度完成した住宅の見学会です。


 【京都の完成見学会の風景】

今回両方のクライアントさんたちが快く現場を貸してくれて
実現することが出来ました。

両方の見学会に共通するのは、
「皆さん滞在時間が長いこと」です。

平均して1時間。中には2時間以上も現地におられる方もいます。

僕自身もついつい建築に関することは熱く語ってしまう(笑)ので
長くなる部分もあるでしょう。


 【広島の構造見学会の風景】

普段は文字や画像などを通じてすまいづくりをお伝え
していますが、やはり現場を見ていただくのが一番だと
思っています。

参加者にも
「やはり現場で直接空間を体感するとなんともいえない気持ちよさが
 本当に伝わってきます。メルマガやブログではなかなか分からない
 部分ですね」

という方が多くおられました。

京都の見学会では、神戸の実家に住む両親も京都観光がてら遊びに
来てくれました。

自分の仕事を親に見てもらうのは本当に嬉しいものです。

さて、次回は6月後半に広島市内で資産になる家〜ローコストバージョン〜
の構造見学会を企画しています。

また詳細が決まりましたらお知らせしますね!

Posted at 2006年06月12日 09時27分37秒  /  コメント( 0 )