スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2014-03

気密検査

家族の発展を促す家

気密測定を行いました。



気密測定の結果はC値0.66㎠/屬任靴拭

玄関ドアがまだ仮設で空気の流れを大きく感じることができたので,玄関ドアが本設のものが設置されれば数値はもっと良くなっていたと思います。

木造で1㎠/屬鮴擇辰討い觧点で高気密なので問題なく施工が進めれることが確認できました。



断熱工事が終わり隙間なく断熱材が敷きこまれていることを確認しました。



こちらはコンセント・スイッチBOXなどがしっかり気密用のBOXを使用して施工されていることを確認しています。

ここから外壁などの作業も並行して進めていきますがちょうど気温が暖かくなってくるので
施工しやすくなってきて非常にいい流れの元に作業を進めることができると思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月18日 19時27分35秒  /  コメント( 0 )

気密測定・外壁下地等...

家族の絆を育むパッシブハウス

気密測定の様子です



検査の結果C値は0.254㎠/屬箸いΔ海箸撚搬欧励を育むパッシブハウスでは断熱と気密を注視して進めてきたのでハイレベルな数値がでたことは非常に良かったと思います。

日程の関係上、検査に私が立ち会うことができなかったのは残念でしたが、現場監督さんのもとしっかりと検査いただいたので写真はその時のものを載せています。

通常竣工後に検査を行ったりするのですが、内部のボードなど押さえのない状態でしっかりと気密が確保できているということは断熱施工の精密性を確認する作業になるので非常によかったです。



配管等の処理しっかり気密テープにより施工されていることを確認しました。





外部側 外壁の下塗りがおわっています。
これからは竣工にむけて内部の設備関係や仕上げが主となってくるので現場はいろんな業者がはいってきてあわただしくなりますが、しっかりと作業していってもらえればと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 20時00分42秒  /  コメント( 0 )

現地打ち合わせ〜断熱検査

家族の絆を育むパッシブハウス

現地打ち合わせにて確認項目を整理してきました。

高性能の4枚ガラスの木製サッシが設置終わってました。



気密性能、断熱性能がかなりハイレベルな上4枚ガラスとなると防音等にも一役かう特注品です。
重さもかなりあり施工が大変だったと現場の方が話してました。



外部周りの様子です。壁はまだ下地段階ですが、Q1ボードという断熱材を追加で付加して通常の壁の中の断熱とプラスしているので建物の壁の厚みがいつもよりだいぶ大きいです。



断熱熱材の貼り始めの様子です。
断熱材の施工については貼り始めの際に製品の注意事項や施工方法を再度現場と認識に間違いがないかを確認し隙間なく施工できるように確認をしました。



筋交いなどの部分もきれいにカットし詰めていただいています。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時44分18秒  /  コメント( 0 )

断熱検査

家族の発展を促す家

現場にて断熱施工の検査を行いました。



今回カメラの性能がよくなく画像が不鮮明ですがご了承いただければと思います。

壁の断熱材は高性能グラスウールで木下地の間々をしっかりと採寸して断熱材を隙間なくぴったり納めていく作業は非常に手間がかかる仕事ですが、施工説明と住宅性能の理解のもと丁寧に作業していただいていることを確認できました。



まだシート等は張り終えていない状態で先に施工レベルのチェック・指導をしてしっかりと確認できたのでシート施工を終えた後の気密測定に備えていければと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時22分01秒  /  コメント( 0 )

上棟式〜中間検査

家族の発展を促す家

上棟式から中間検査までの様子です。



壁の中に御神楽をあげて工事の安全等をお祈りしました。



工期時期的に少し遅れが目立つのでしっかりと調整確認しながら進めていければと思います。

こちらは中間検査の様子です。



中間検査では建物の耐力壁位置や金物の状況確認を主にします。



木構造の組み方上検査しにくい部分などは施工時の写真をしっかりとデータベース化して提出し、その写真をもとに確認という部分が多少でてきますがしっかりチェックをいただきました。

中間検査の後は棟梁さん、現場監督さんと今後について打ち合わせをしました。
棟梁さんは物静かなイメージで今までやりとりさせていただいている棟梁さんとは少し違うイメージを受けましたが、仕事が丁寧で非常にいい印象を受けました。

また報告致します

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 19時15分56秒  /  コメント( 0 )

上安のパッシブデザイ...



3月中旬に広島市安佐南区で施工中の上安のパッシブデザインハウスが竣工します。
熱損失係数は0.8。隙間相当面積は0.25を実現させました。

上記の家の性能は、具体的にいうと、約50坪の家を2.8KW(8畳用程度)のエアコン1台で
家全体をまかなえる
ほどです。

パッシブデザインというのは、自然エネルギーを取り入れたデザインのことを言います。
具体的には、南側からの採光を冬はふんだんに取り入れ、夏は暑い日差を庇で遮ることや
熱を蓄える蓄熱層を設けたりなど、その他にもいろいろなアイデェアを盛り込んでいます。

この度、建て主のKさまから、3月21日(金・祝)10:00〜17:00の時間を披露会としてお借り
することが出来ました。Kさまありがとうございます。

当日は、八納をはじめ、スタッフも現地にいますが、お一組づつ丁寧に説明させていただけ
るよう、限定6組の先行受付とさせていただくことになりました。

お申し込みをされたい方はここをクリックして、リンク先の申し込みフォームからお申込みください。

 ※当日は、一般の方対象の完成披露会になります。
  設計事務所や工務店など、家づくりに従事されている方は、別の機会とさせて
  いただきますので、当日はご遠慮ください

Posted at 2014年03月06日 07時12分39秒  /  コメント( 0 )