スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2013-09

S様邸 上棟

こんにちは!
今日はS様邸の上棟式に行ってまいりました。
今日はわりと涼しい日だったので、
暑さでバテバテになることもなくてよかったです。

私が現場に伺ったのは11時くらい。
棟上げが進み始めておりました。

大工さんが大勢揃って作業されていました。
上棟を見るのは3回目ですが、
どんどん組み立てられていく様子を見て
毎回感動します。


木材がとても重たそうで、私も手伝います!!
というような気分になりましたが、
必ずしも足でまといになると思い止めておきました。





クレーンで運ばれていく部材。
梁がとても太いので、迫力も一層増していたように感じます。



梁が太い分、もちろん重さも増すので
作業自体も危険で緊張感がありました。

お昼になると、お施主さんがお弁当を振る舞ってくださいました。
たくさんの量だったので半分持ち帰らせて頂きましたが、
お弁当はとっても美味しかったです!
お寿司が入っていたのですよ!
写真を撮っておけばよかったですね。



そして、設置された螺旋階段です。
まだ、踏み板は組まれていないですが、
とても素敵で丈夫に出来ていましたし個人的に欲しいくらいでした。



2階で打ち合わせも行いました。
風が通ってすごく心地が良かったです。
木が呼吸をして動く際に『パキ、パキ』と音が鳴るのを
今回初めて聞きました。
なんだかとても楽しかったです。

次は上棟式が予定されているので、
待ち遠しいです。

これからも大工さん達に、
安全第一に頑張っていただきたいです。

Sさん本日は棟上げおめでとうございました!!

Posted at 2013年09月26日 19時26分55秒  /  コメント( 0 )

いよいよ上棟します!



昨日25日の現場風景。少し小雨が降っていました。
9月26日上棟に向けて足場を組んでいます。

そして現在は26日朝。快晴です。
棟梁さんたちよろしくお願いします!

八納啓造

Posted at 2013年09月26日 08時26分45秒  /  コメント( 0 )

K様邸 気密測定

こんにちは!
スタッフの山崎です。


9月12日にK様邸の気密測定を行いました。
私は立ち会いができなかったのですが、
工務店の方がしっかりと測定に立ち会ってくださいました。

気密測定を行い、住宅の隙間の量を測定することで
K様の家の気密性能を調べます。
屋内と屋外の気圧差から公式を用いて隙間の大きさを算出します。



設置してある強力なファンで室内の空気を外に出し、
屋内と屋外の気圧差を求めます。

今回の目標数値は1㎠/屬鬚ること!!

測定結果は・・・



見事目標のC値=1㎠/岼焚爾凌値を出すことができ、
C=0.61㎠/屬任靴拭

大工さんが綺麗に断熱施工してくださったおかげです。

これからは、着々収納家具や内装関係が
着々と進んでくるように思います!

これから先がとても楽しみです!

Posted at 2013年09月14日 13時29分46秒  /  コメント( 0 )

上棟作業

癒しのサロン+幸せを育む家

上棟作業の様子をのせます



天気も快晴で着々と進めらたようです。



柱が建ってくると存在感が一気に高まります。
よくクライアント様が基礎の段階で狭く感じ、建物ができてくると広く感じるというのは
高さの概念がわかりずらいからと言われています。



基礎の部分に見える白い部分はシートを巻き込んで仕上げるために土台を敷く前にあらかじめ下に巻き上げています。このあと壁が出来上がっていく時に巻き上げてシートの隙間をなくすという工法です。

今後は下地ボードをはったり内部の配線などの詳細を確認しながら進めていく形になります。

更新が遅れてしまいだいぶ前に上棟は終わっていますが、
現場の大工さん達はお疲れ様でした。

また報告します

スタッフ 平田 

Posted at 2013年09月10日 17時53分16秒  /  コメント( 0 )

断熱施工のチェックを...

鎌倉の現場に断熱施工のチェックに行ってきました。





断熱材は高性能グラスウールを使用しています。袋入りのタイプではなく裸のタイプなので施工の精度が必要になります。メリットは、設計の意図通りの厚さで断熱材が施工できる点です。

かなり厳しい目でチェックをしていきます。この日は、いろいろと現場監督さんや棟梁さんと話合い、手直しを支持しました。


   【手直しをしたあとの様子】

そして、今週の月曜日に気密測定を行いました。





気密測定は最近懇意にさせていただいている、断熱材メーカーのマグイゾベールの長屋さんが立ち会ってくださっての実施です。

最終的にC値は1.1までいきました。煙を炊いてどこから空気が漏れているか?など、懸命に棟梁さんたちがやってくれた結果です。最終的には1.0を切るところまでいけるのではないかという話です。

室内側が現在気密シート施工した段階での検査なので、内装を張るとより気密があがると思われますが、北海道などではC値=2程度が推奨されていますが、その倍の性能値になります。


なにわともあれ、棟梁さんたちお疲れ様でした。

八納

 追伸

現地の風景を動画でもアップしました!

Posted at 2013年09月04日 15時42分33秒  /  コメント( 0 )

S様邸 配筋検査

こんにちは!
スタッフの山崎です。

9月1日にS様邸の配筋検査に行って参りました。



雨の中現場の方々が作業を進めて下さっていました。
配筋は綺麗に行われており、安心しました。
今回の物件は深基礎の部分がかなり深く計画してあるので、
チェックするのが大変でした。




(↑※携帯カメラの撮影により他の写真と多少色が違います。)

深基礎でない部分の配筋も綺麗にされていました。






枠の中心に配筋も出来ていました。

現場の方々も優しい人たちばかりで、
質問に対して丁寧に返答をして下さりました。
感謝、感謝です。

雨の中ありがとうございました!

Posted at 2013年09月02日 11時51分45秒  /  コメント( 0 )