スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2011-11

地鎮祭を行いました〜...



2011年11月12日(土)に広島県内にて計画中だった「サービス付高齢者向け住宅プロジェクト」の地鎮祭を行いました。660平方メートル、430平方メートルの木造2階建て2棟の地鎮祭です。

今回それぞれの建物に関わっていただく工務店さんもそれぞれ違っていて、プロジェクトとしてはジョイントベンチャー的な感じになっています。ただ、今回の地鎮祭はそれぞれの棟ごとに行った方が良いと、広島から来ていただいた神主さんからのアドバイスもあり、それぞれの建物で行いました。



それぞれの地鎮祭を順に行いました。工務店さんに関しては2社とも双方の地鎮祭に立ち会い、建主関係の方も15名ほどおられ総勢25名ほどで地鎮祭をとりおこないました。

今回の地鎮祭で特筆するべきは「土地をきよめる」ために、広島から神主さんをお呼びしたことです。広島では普段から懇意にさせていただいています。通常の神社神道の地鎮祭と違い、古神道をベースにした形でとりおこないます。

言上は神社神道の場合、神主さんが読み上げますが、今回は建主さんが読み上げます。そして、祝詞は、参加者全員で歌います。全員参加で祭りごとを進めることで全体の一体感を生み出しながら土地をきよめていくというイメージです。



それ以外に特徴的なのは、儀式の前に敷地周りに結界をはるという作業を行います。「肉にたかったハエを払ってもその後、また戻ってくる。これは土地の清めごとでも一緒です。先に結界をはり、その上でお清めをすることで、エネルギーに満ちた場所にすることができます」ということのようです。

※結界をはる作業は、いつもお神酒、お米、お塩を使って、神主さんのお手伝いするのですが、今回は敷地だけでも4,5000平方メートルあったので、かなりくたくたになりました^^

広島では何度となく地鎮祭関係をやっていただいていますが、個人的な体感としても「その場がすっきりする」「めまいがしなくなった」「体がかるくなった」という経験をしています。

今回の福祉施設プロジェクトは、世の中に広く貢献していく施設ということで、遠路はるばる福山まで出向いていただきましたが、施主さまたちもとても喜ばれていました。

Posted at 2011年11月13日 12時07分32秒  /  コメント( 2 )

新プロジェクト「サー...



2010年の秋に、とある工務店さん主催のセミナー講師として行った時にいただいたご縁でスタートした福祉施設計画。

昨年度までは高齢者専用賃貸住宅という国の補助がある事業としてスタートしましたが、今年度から「サービス付高齢者向け住宅整備事業」という名前に変わり、制度も一新。

今年の6月に補助申請を出し、ようやく10月中旬に交付申請をいただき、工事がスタートすることになりました。

建物の概要は、高齢者専用住宅部分とデイサービス部分の2棟から出来ています。この建物のコンセプトなどはまた別の機会にお知らせしたいと思います。

Posted at 2011年11月13日 11時48分55秒  /  コメント( 0 )

地鎮祭を開催しました



11月1日(火)の午後から、高松市で計画を進めてきた「才能と家族の絆を育む癒しの家」の地鎮祭を行いました。学校に行っているお子さんたちも参加したいという事で夕方からのスタートでした。





神主さんのリードの元地鎮祭が進んでいきます。





とても立派な神棚でTさんも「こんなに立派な感じになるとは思わなかったので嬉しいです」と言っていました。

儀式が終わった後は、建物の位置の確認をしていただきました。
工事は11月中旬から入る予定で、現在、確認申請業務を進めているところです。

またレポしますね。

Posted at 2011年11月03日 10時09分59秒  /  コメント( 0 )

「新プロジェクト」才...



8月に高松で開催された「未来をのぞく住宅展」という建築家10名と一緒に行った作品展でお会いしたのがご縁でプロジェクトがスタートしました。

家のコンセプトは、家族それぞれの才能が引き出される環境造り、才能がぐんぐん引き出されることでお互いの関係性を高めていく場造りというところから決定しました。

風水的にも家族それぞれの才能が発揮できるよう配慮しながら、家としても資産性の高くなるよう、耐久性が高く自然素材で空気がきれいになるという考えも盛り込んでいます。

来年3月末完成を目指して現場もこれからスタートです。

Posted at 2011年11月02日 12時30分19秒  /  コメント( 0 )