スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2011-03

尾道向島にて地鎮祭「...


3月26日に、尾道市の向島にて「故郷と親子をつなぐ家」M邸の地鎮祭を行いました。
何でも神主さんは80歳代後半ということで、ビックリしましたが、とてもお元気そうでした。


鍬入れもMさんが行い滞りなく、儀式が終わりました。

地鎮祭に至るまでは、色々と難題をクリアーするなど思い出深い部分があります。
市街化調整区域内の増築制限や急傾斜区域内への建築であったり、2項道路の袋路の斜線制限であったりと建築家としても、難易度が高くなればなるほど燃えるところがあり(笑)、感慨深い部分がありますね。



地鎮祭の後は、建物の位置確認などを一緒に行いました。
いよいよスタートです。

Mさんおめでとうございます!

Posted at 2011年03月29日 20時58分35秒  /  コメント( 0 )

癒しと安らぎの森、屋...



屋内の天井を貼る工事が進行中です。天井の素材は最終的にレッドシダーの無節になりました。
レッドシダーは、柔らかく癒し効果のある香りを発しているのですが、それがとても気持ちよかったです。



写真のように、切妻の勾配天井になっています。
そして、屋根と壁との間に出来る三角形の窓が特徴的なのですが、現在その辺りの納まりの最終調整中。ディテールを研ぎすますとエッジが立ちますので、楽しみになところです。

またレポしますね。

Posted at 2011年03月29日 20時32分41秒  /  コメント( 0 )

新プロジェクト「故郷...



この2年前ほどに「故郷に家を建てたい!」という相談をいただいたMさんとのプロジェクトがようやく形になり、スタートすることになりました。

以前、このブログでも「故郷に家を建てるぞ!」というタイトルで記述したことがあります。
場所は、温暖な瀬戸内海の浮かぶ尾道市向島。市街化調整区域内になるため、一般的には建物が建てられません。

Mさん自身が役所などとかけあい、いろいろな折衝を経て、計画していた土地で進行していたものの、最後の最後で断念。ちょうどその時家族の皆から「両親と一緒に住もうよ」という声がかかりました。

そこで、実家の敷地内にあった納屋を解体し、その場所に離れとして住まいを建築することを計画。急傾斜地、市街化調整区域内の規制、2項道路の袋路の道路車線制限などを天空率などを活用してクリアーさせ、この4月から工事がスタートする予定です。

Mさん本当におめでとうございます。

Posted at 2011年03月26日 20時00分52秒  /  コメント( 0 )

19日に上棟式を行い...



3月18日いっぱいまでかけて上棟した「街中をスタイリッシュに住みこなす家」O邸ですが、翌日19日に上棟式を行いました。19日はあいにくの雨模様でしたが、18日いっぱいまでに屋根下地まで完成させていましたので、一同ホッと一息でした。



最後に棟にあたる壁部分の中に、三光と言われるお守りを入れました。
このお守りは、広島で懇意にしていただいている神主さんが作成したもの。
壁が出来ると、見えなくなるので記念にパチリと写真をとりました。

Oさん上棟おめでとうございます。

Posted at 2011年03月26日 18時45分37秒  /  コメント( 0 )

4日間かけて上棟を行...





3月15日から上棟をはじめた「街中をスタイリッシュに住みこなす家」O邸ですが、18日(土)までの4日間をかけて棟を上げました。

今回は、一般工法とピン工法を組み合わせた仕口にしていたため、手加工で部材を掘り込みながらの作業になり、そのため時間を費やしました。



その甲斐もあり、いい感じで建物も立ち上がってきました。
上記の映像は、1階の玄関土間の風景です。広々していて、仕上がりが楽しみなところです。



屋根も一枚の板のように見えるようにするために、垂木を格子状に組みました。



2階からロフトにかけての吹き抜け空間が、思っている以上にダイナミックに出来ました。
防火地域の木造住宅なので、建物制限が2階建て、かつ100平方メートル以下という条件がありますが、それにチャレンジした空間でもあります。

棟上げ後上棟式を行いました。別途レポしますね。

Posted at 2011年03月26日 18時41分02秒  /  コメント( 0 )

島根県吉賀町にいって...



3月の下旬に、島根県吉賀町で進行中の「家族の心が一つになる家」N邸の現場に行ってきました。当日は、なんと途中で吹雪いている地域を通り抜けて、現場に向かいました。

「八納さんは、もしかして雪男なのでは?」とNさんに指摘されました(笑)。
確かに、この現場に行くたびに雪が降ります。







この日は、コンセントの位置、スイッチの位置、照明の位置、種類の確認などを行いました。多分体感温度ですが、氷点下でした。。。

Nさん、寒い中立ち会いありがとうございました。

Posted at 2011年03月26日 18時26分59秒  /  コメント( 0 )

上棟式の様子「家族の...

引き続き、上棟式の様子です。



この日は寒い日の合間を縫ってたまたま温かい日でしたので、一同にホッとしながら上棟式を迎えました。



四方を清めてくださる神主さん。



めでたく無事に上棟&上棟式を終えました。
Kさんおめでとうございます。

Posted at 2011年03月17日 16時19分55秒  /  コメント( 0 )

3月5日に上棟しました...



3月5日に尾道で着工中の「家族の幸せと子供の自立を促す家」の上棟を行いました。
お昼には、Kさんが棟梁さんや手伝いに来てくださっている大工さんやレッカーの作業員、工務店さんなどにお弁当をふるまわれたようです。(※私が現場に到着したのは午後2時過ぎでした)

このようにお弁当をふるまわれると、棟梁さんたちも「いっちょうやろうか!」という気分にもなってくれます。もちろんふるまわれなくてもいい棟梁さんたちをそろえている工務店さんなので安心です。



レッカーでどんどんと木材が吊るしあげられて組みあがっていきました。
私が感動したのは、工務店の社長自ら棟に上り、棟梁さんの手伝いをしていたことです。



社長は、もともと棟梁出身で若いころから棟梁に弟子入りをしてきた職人肌の方です。社長自ら棟に上って作業をしているので、棟梁さんはじめ、工務店の皆さんも気合いが入るようです。



どんどんと構造が組みあがっていきます。

私とKさんご夫妻とでその合間を縫って仕上げの打ち合わせをしました。



パインのフローリングと同価格帯で、杉のうづくりのフローリングが使えるということで、現地で見比べました。最終的には杉のうづくりのフローリングに決定。それに合わせて、全体の色目も調整していきました。

上棟は夕方5時近くまでかかりましたが無事に終了しました。
上棟式の様子はまたレポしますね。

Posted at 2011年03月17日 16時14分47秒  /  コメント( 0 )

癒しと安らぎの森 中...

こんにちは

スタッフの平田です

先日癒しと安らぎの森の中間検査に行ってきました。

特に問題なくというか、質問に応えて確認しつつ、
じーっと検査員さんの検査を見守っていました。

検査は無事終了しました。



検査員さんを見送り、その後電話で説明を受けていた部分でいまいちしっくりこなかった樋や軒の納まりについて現場監督や大工さんなどと打ち合わせしてきました。

大工さんの作業が増えてきたので検討とチェックを怠らないように気をつけて進めていければいいなと思います。


Posted at 2011年03月15日 19時43分30秒  /  コメント( 0 )

呉の現場に行ってきました



呉市で現場進行中の現場「豊かさを育む可変性に富んだ家」I邸に行ってきました。現在、棟梁さんが内部の壁下地を作っている最中でした。

また外壁はガルバリウム鋼板を使っているのですが、納まりなどのチェックをしました。
少し、納まりを調整していただくところがあったのですが、工務店さんも迅速に対応するとの返答。



2階のLDKを作業場にしながらテキパキ作業する棟梁とも話をして、より良い方向性でまとまるディスカッションも出来ました。今回は、建て主のお父様が建具や家具を設置してくれることに(そういうお仕事をされている)なり、コラボレートして出来上がるのが楽しみです。

またレポしますね。

Posted at 2011年03月15日 17時29分15秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ