スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2009-11

24日に新大阪で子供...


   【セミナー風景】

11月24日(火)の13:00〜15:00に
新大阪で「子供の住環境を考える会」を開催しました。

平日の開催ともあり、主婦の方もはじめ、建築関係や
精神障害者の相談員の方、そして私が普段から懇意に
させてもらっている友人等が参加してくれました。

これまで東京と広島でも開催してきましたが、大阪の
ノリというか、とても肌にあっていました。実家が神戸
にあるのも関係しているのでしょうね(笑)。

参加者の声をUPしますので、興味がある人はご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この2時間でここまで深く住い、家族、親子、子供の教育など
学べることに驚きです。
特にQ&Aに関して、全て家族の関係の中にあることが住いに繋
がっていると感じました。
まさき(男性)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「住まう」という分け方に共感を覚えました。家族でどうあり
たいのかを話してみます。コミュニケーション大切ですよね。
子供部屋をあえて作らず、リビングダイニングに小さな机を
おいていることに少々申し訳なさがありましたが(母として)
夫の思うように、わざわざ、机を別の部屋にせず、コミュニ
ケーションを取りたいという思いが、今日のセミナーで深く
理解が出来ました。アメリカやヨーロッパの影響がすごくある
ことにびっくりしたので、情報はどんどん欲しいと思います。
あと、夫婦で参加したいと思いましたし、本当はだんな(設計
士)が参加したかったし、内容的にも、主人好みなので、次回
は早めに告知していただければありがたいです。
安田恵さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
間取りや建物の建て方の話をされるのかと思って参加しました
が、家族でどう生きていくのか?というところまで取り上げら
れていて、非常に興味深かったです。
特にQ&Aでは、難しい質問にも答えられていて気づきが沢山あ
りました。本日はありがとうございました。
伊藤じんせいさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家を建てたばかりだったので、今後に活かしていきたいと思い
ます。八納先生の温かい人柄が心に残りました。
ありがとうございました。
FHさま(女性)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すごく為になりました!実際に工務店として私も沢山のお施主
様と家造りを共にしてきましたが、一番大切な家族の触れ合い
コミュニケーションを考えていない部分も大きくあったと感じ
ました。ぜひ、今後も参加していきたいと思います。
また、当社でイベント等、行事をするとき、八納先生に講師と
して来て頂きたいです!
(有)遊友建築工房 福永健志さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住環境を元にすごく勉強になり、子供についてすごく考えさせ
られました!!八納さんの話し方がウマすぎてビックリしまし
た!電気関係の会社をやっているのですが、環境と住いに電気
の光も取り入れて良い住環境を電気でも表現出来たらイイ!と
思いました。
岩田 浩さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子供はいなく、学校、教育関連の仕事をしている訳でもない全
く場違いな私でも、勉強になるところが沢山ありました。
家について、住いについてももちろんですが、それ以上に自分
の人生についてたくさんのことを考えさせられました。
どう住むのか、どんな暮らし方をするのか、きちんと考えたこ
とのなかった私だったので、これから自分の生き方に対する姿
勢が変わりそうです・・・(もちろんいいほうに)。八納さん
のお話を聞きながらちょっと自分の人生の棚おろしも出来た気
分です。ありがとうございました。
RSさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はありがとうございました。住環境というと間取りや周辺
環境のことだけとイメージしがちですが、土台となる夫婦の価
値観や生育環境を話し合い理解しあうことがさらに大事と再認
識しました。参加者からのご質問に根深いメンタル面まで、切
り込む姿が、ただの建築士ではない!と改めて尊敬しました。
朝比奈映未さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
素晴らしい内容でした。子供部屋というのが戦後にアメリカか
ら来た概念であり、なぜダイニングテーブルで勉強している子
供は成績がいいのか、その理由等、表面的な知識ではなく、深
い意味が聞けて勉強になりました。次回も楽しみにしています。
赤木広紀さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的に実は屋根・壁・床があればという思考でしたが、子供
のこと、特にこれから先のコミュニケーションを考え参加しま
した。まず、よく話し合うことからはじめなければと気づいた
事、自分の今までの生活を考え直そうと思いました。
TTさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分が育ってきた環境と自分が抱えていた問題がすごくリンク
していることが分かり、ショックを受けると同時に、腑に落ち
て大きな気づき学びになりました。塾という子供と関わる環境
にいるので、これからアドバイス等にも活かせるのではないか
と思いました。
YSさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住環境と聞き、間取りの事とかハード的な話が中心かと思いま
したが、家族関係、夫婦関係のあり方や情報に振り回されない
為のポイントがよく分かりました。さすがに内容深かったです。
ありがとうございました。
LABI北山さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一言では表現出来ない程の感動です。「子供の住環境を考える
会」から繋がっていくこれからが楽しみです。今まで考えもし
なかった「住む」ことの大切さを心と体に染み渡った感じです。
吹田に家を建てたいと思っています。よろしくお願いします。
みんなの家を建てたいです。
NKさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
精神障害者家族会の副会長としてのみならず、兵庫県の障害者
家族相談員としての役割を演じています。本日の話の中で、夫
婦のコミュニケーションのみならず、その輪の中に小学校4年
生となれば、子供の意見を聞く事の大切さを学びました。親は
いつまでたっても親として子供の意見を聞かず、押し付けてい
るのではと反省します。子供にも考えさせる1分間スピーチを
やってみようと思います。勉強になりました。
KWさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建築業界にいますが、目からウロコの話の数々で本当に為にな
りました。Q&Aでの回答もこれまでの設計の先生が答えるよう
な内容とは次元が違い「深い」と関心させられました。妻とよ
く話し合っていきたいと思います。
KMさま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生のような提案が出来るようになりたいと思いました。
次回も楽しみにしています。具体例ももっとみたいです。
奥田知恵子さま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Posted at 2009年11月26日 22時47分30秒  /  コメント( 0 )

上棟!趣味とライフス...


STAFFの田中です。

趣味とライフスタイルを楽しむ家の上棟が無事終えることが出来ました。
Mさん、おめでとうございます(^^)

ここは、住宅街という立地条件から前面道路に電線がドンっと横断しているため荷物を上げるレッカー車を設置することができず手おこしでの上棟となりました。
手おこしは、柱や梁を大工さん同士が手渡しで運び家を作り上げていく本当の力仕事です。



上棟が終わって建物を満足そうに見上げる棟梁をパチリ。
本当にお疲れ様でした。

Posted at 2009年11月21日 18時24分54秒  /  コメント( 0 )

エコと風土の恵みを堪...


こんにちは、STAFFの田中です。

O邸のセルロスファイバー施工が完了しました。
外周部の外壁から屋根までこの白いシートの内部にぎっしりとセルロスファイバーが充填されています。
床部分は無垢のパイン材が貼られており、傷がつかないように養生材でしっかり保護されています。
棟梁の性格か!ものすごくきれいに片づいてますね。


これは、電気のコンセントボックス部分です。
壁の内部にまるで綿のようにふわふわな感触の粉砕された新聞紙が充填されておりスイッチのボックス部分まであふれるほどです。
とくに感じたのは断熱材が繊維状のため吸音と遮音性能も高く、外の車が通る音がまったく気にならなくなりとても静かになりました。
音というのも家造りにおいて重要な要素のひとつ。
外部の騒音を気にせず、ゆくりと紅茶を楽しめる空間に出来あがるのが楽しみです。

Posted at 2009年11月18日 16時05分33秒  /  コメント( 0 )