スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-12

自転車を乗りこなすよ...

週末じゃないですが、コラムです(笑)。

最近、人間関係やコミュニケーションについて深く探求する
機会があります。

例えば、

 ●自分の本音と発している言葉の差異
 ●場の空気を読んでその流れの中心に落とし込む言葉
 ●対する人の意図・本音の部分、感情のゆれを感じ
  対立ではなく協調関係を生み出す意図

など。

「おぉ〜、えらく難しそうな事いってるなぁ」
と思う人もいるかも知れませんが・・・・、実際、人間関係
やコミュニケーションを「生」で磨き上げるのは大変です。


まるで、自転車を乗りこなすときのように、その関係性でこけまくり
ます(笑)。

グサッと傷つく事もあれば、「なんで自分はこんな言葉をつかったんだろう!」
と反省することもあります。

でも一瞬ですが、心が通い合うものを感じる事が出来ると、自転車の走行距離
がのびます。そして走行距離は、減ることがなく積み重ねられるものなのです。


もちろん、途中の道では、慣れない事、未知の事をしているわけですから
心や脳の筋肉痛が起こります。

それが、筋肉のように鍛えられ、いつの間にかどうにか自転車を乗りこなせる
ようになっていくのです。

これは住まいづくりのプロセスで家族間に起こることであったり、身近な人との
人間関係に起こることであったりします。

僕自身も住まいづくりや人間関係で随分鍛えられてきましたが、まだまだ先は
長そうです。しかし、このことを探求しつづけると、その先には本音で分かち
あえる環境の輪がどんどん広がっていく未来があるように感じますね。

Posted at 2006年12月26日 08時54分40秒  /  コメント( 0 )

建築家の家 〜完成ま...


 【鉄骨階段の塗装をする職人さん】
     〜建築家の家〜



     【下地のパテ処理】

自邸レポです。
現在内部の塗装や下地処理の工事を行っています。

大工さんの仕事はほぼ終え、最近はクロス職人さん
や塗装職人さんが工事に入っています。



 【外部のモルタル下地の最終仕上げ】

また外部は、モルタル下地の最終仕上げをしています。

来週は作り付け家具の家具工場に見学に行く予定にしています。
またレポしますね。

Posted at 2006年12月14日 22時02分59秒  /  コメント( 0 )

土工事が始まりました...


  【敷地にいたる道】
〜シアワセユタカビトの家NO2〜

11月末から始まったシアワセユタカビトの家NO2ですが、
現在、土工事を行っています。

この写真のように幅2mちょっとの道の奥に敷地があります。


   【敷地の全景】

小さな重機を入れて、掘削しては手前に写っている運搬車で
大きな道まで反復して土を運び出しています。

またがけ地のため、掘削を慎重に行いながら進めている状況です。
年内には、土工事と基礎工事まで進める予定。

Posted at 2006年12月14日 21時49分52秒  /  コメント( 0 )

お金の感性を高めるセ...

 昨日10日(日)は、広島にて「お金の感性を高めるセミナー」を開催
 しました。

 このセミナーは、これまで住まいづくりを通じて培ってきたものや、シア
 ワセユタカビトたちから学んできたお金に関する知恵のエッセンスを公開
 &体験していただくもので、今回のセミナーは私自身も本当に楽しませて
 もらいました。


 少人数制のセミナー形式としたことで、かなり濃密なセッションが出来たと
 感じています。そういったなか、参加者からたくさんの声をいただきました。


「自分の持っているお金のイメージが両親や人との関係がこんなにも深く
 関わっていることに驚きました。セッション中には自然と涙が出てきました
 自分の感性を磨きたいと常に思っているので今回のセミナーがヒントに
 なりました」

                         広島市 鈴木和美さま


「お金は大事と思っていたし、生き金を使いたいという思いはありましたが
 あまりお金と向き合う事がなかったのでこのような機会をもてて良かった
 です。自分がお金に対してどんなイメージをもっていて、それがどういう
 過程でつくられてきたかが、何となくわかりました。お金を循環させる
 イメージは物の関係性と同じなんですね。面白かったです」

                       廿日市市 崎田恵美子さま


「今日はありがとうございました。今まで自分が得た情報が八納さんの今日の
 セミナーで線となってつながった気がします。自分や家族の『今』をすごく
 認識できました。夫と2人で受けた事も今後の人生や子育てに役立つと
 思います。すばらしい内容とセミナーの流れでした。ありがとうございます」

                        広島市 中野フキ子さま


「お金の感性を高めるセミナーという題での開催でしたが『お金』とつく
 セミナーは初めて受けさせていただきました。ただのお金を稼ぐという話
 ではなく、奥が深いものだとよく解りました。ありがとうございます」

                         島根県 段原良則さま


「お金の感性にフォーカスしたセミナーとても有意義でした。お金に関して
 『ポジ依存』の私にとって良い機会になりました。お金の『大河』、『感性』
 を意識しえ行動していこうと思います。(自分に優しく!!)ありがとう
 ございました」
   ※ポジ依存は今週発行しているメルマガに詳細を記載しています
    気になる方はコチラ。
 
                          広島市 松井敏さま


 この他たくさんの声をいただきました。
 ありがとうございます。

 今回開催して感じたのが「多くの人がお金に対して潜在的な何かを抱えている」
 ということ。こういったセミナーが一つの機会になって、いい気づきになれば
 と感じました。

 参加していただいた皆様ありがとうございます。

 来年からは、全国的に開催していく予定ですのでお楽しみにしていて
 くださいね。

Posted at 2006年12月11日 10時18分04秒  /  コメント( 0 )

ついに足場が取れまし...


 【足場が外れて外観が現れました】
 〜D FENG−SHUI D邸〜

先日、現場の足場が取れて外観が姿を現しました。
当初イメージしていた外観CGとほぼ同じイメージで
出来上がりました。


      【外観CG】

真っ白なこの外壁は、耐久性を考慮した仕上げで
耐用年数20年〜30年の塗り壁仕上げとしています。

さて、完成まであと1ヶ月半。
仕上がりが楽しみになってきました。

Posted at 2006年12月07日 22時23分22秒  /  コメント( 0 )

【ボタンの掛け違いが...

これから気ままに週末にコラムを書いていこうと思います。

このブログでは、日々 建築家として活動している内容を
お伝えしていますが、それ以外にも異業種の人たちとの交流
やそこで学んだ気づきなどもたくさんあり、そういったことも
含めて綴っていこうと思います。

今回は「ボタンの掛け違いが人生の流れを難しくする」という話。

服を着るときに「どうも違和感があるなぁ」って思いながらも
ボタンをとめていくと、「あれ、一つ掛け違っていた」という
経験は誰にでもあると思います。

あなたはそのときどうしますか?

・・・もちろんボタンをはずして掛け直す人がほとんどでしょう。
また、それ以降は掛け違えないように、注意しながらボタンを
とめる習慣が身についてくると思います。

ではここでこれを今あなたのやろうとしていることややりたいこと、
などに置き換えてみましょう。

・・・実は、多くの人が【今やっていることに違和感】を感じながら
日々生活をしています。

「こんなはずじゃないのになぁ」
「どうしてこうなたったんだろう?」

など、日々口にしていませんか?

これは、ボタンの掛け違え状況にとてもよく似ています。

多分、その違和感のある中で進んでいくと、自分の思いと一生ずれた
ものになっていくのは、自ずと見えてくるかも知れません。


また、違和感を感じているというのは、将来のそういったことを察知
しているのです。

では、どうすればいいか?

ボタンに例えるなら、一度ボタンを全てはずしてそこから掛け違いが
無いかを確認してから、もう一度ボタンをとめるようにしていく・・

ここで、ポイントは「はじまりが全てを決めている」ということ。

はじめの取っ掛かりがずれていたら、ずれたまま物事が進みます。
取っ掛かりがあっていれば、その通りの流れになります。

当たり前のようで、そのことを忘れている人が多い事はとても
残念ですが、このコラムを読んでピンと来た人は、もういちど
物事の取っ掛かりを思い出して、それからの流れを見返すことを
おすすめします。

すると、色々な道が見えてくるでしょう。

KEI

Posted at 2006年12月02日 10時03分45秒  /  コメント( 2 )

現場それぞれ 〜日本...


   【外壁下地まで完成】
〜日本人のための家NO4 O邸〜

昨日は、昼から引き続き三原で建築中の現場
「日本人のための家NO4 O邸」に行きました。

午前中のD−FENG−SHUI D邸の現場監督さんは
とてもクールなタイプですが、こちらの現場監督さんは
熱意派です。

現場監督さんや工務店によって、現場の雰囲気は様々です。


 【渋い雰囲気で腕を組む棟梁】

打ち合わせも中盤に差し掛かったころ、D邸のD婦人も
こちらの現場に立ち寄りました。

OさんとDさんはご友人。

今年の4月に行った広島市の五日市の住まい
「D−FENG−SHUINO1 O邸」のOさんのご友人
でもあります。

今はお互いの家を見ながら、参考になる部分などを教えて
もらいながら現場にも取り組もうとしています。

ちなみにそれぞれの家は全くタイプが違います。
また工務店のカラーもそれに合わせて全く違います。

「出来上がっていくものの、その雰囲気が宿るんだなぁ」と
改めて思いました。

両方ともいい家になりそうです。 ^^

Posted at 2006年12月01日 09時35分26秒  /  コメント( 0 )

三原への旅 〜D−FE...


   【外壁の塗装が完了】
〜D−FENG−SHUI D邸〜

11月30日、現在三原で進行している2件の現場に行きました。
午前中には、ここ D−FENG−SHUI D邸で打ち合わせ。

クライアントのD夫人に立ち会っていただきながら、玄関前のタイル
の選定などを行いました。


 【玄関扉の前でタイルを照らし合わせる】

「まだ養生中で玄関扉を見ていないんです」というDさん
の話を聞き、現場監督のYさんにお願いして養生をはずして
もらいました。

白い外壁に、キリっと引き立つシルバー色のデザインドアは
シンプルモダンテイストの中に、斬新なイメージをかもし出して
します。

「この雰囲気だと、かわいい色のタイルはちょっと合わないでしょう。
 選ぶならこのあたりのモノトーンの色がお奨めですよ。週末に
 ご主人と一緒に選んでください」

と、話をしました。

他はほぼ順調に進んでいます。

また来年1月27日、28日の予定で完成見学会をさせていただける
方向になっています。楽しみですね。

Posted at 2006年12月01日 09時23分52秒  /  コメント( 0 )