スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-10

気持ちのいい披露会で...


  【見学会の様子】
〜シアワセユタカビトの家〜

本日と明日予定をしている完成披露会「シアワセユタカビトの家NO1」
の初日が終わりました。

ボストン帰りの時差ぼけもようやくなくなり、朝から晩まで訪れる方々へ
この住まいのコンセプトなどを説明しつづけました^^

でも、全く疲れることもなく気持ちのいい夜を迎えています。

「とても気持ちのいい空間ですね。和室のあたりはとても癒されます」
「おしゃれで、この地域のシンボルになりそうですね」
「これからの住まいづくりの先駆的な形だと思います」
「建て主、作り手の情熱と技術に感動しました」
「このような家を建てたいという夢を感じさせていただきました」


今日訪れた方々からいただいたアンケートです。
嬉しいですね^^

明日いっぱい開催していますので興味のある方はお越しください。



 これは、今日の夕方にとった2階ワークルームから吹き抜け空間を
 みたところです。久しぶりに1眼レフのカメラで激写しました。

Posted at 2006年10月28日 21時00分51秒  /  コメント( 0 )

本日公開、シアワセユ...


 【アプローチからの風景】


 【リビングの吹き抜け風景】

本日、28〜29日の2日間、広島市西区山手町の
現地にて、シアワセユタカビトの家のNO1を公開!

私も現地に2日間行っています。

この住まいでは、家庭とビジネスのバランスを重視しながら
豊かに幸せに生きていくエッセンスを組み込みました。


具体的には実感していただくのが一番だと思いますので
この2日間はいいタイミングだと思います。

興味のある方はコチラをクリックしてください。

Posted at 2006年10月28日 08時31分01秒  /  コメント( 0 )

日本人のための家NO...


 【基礎が完成した状態】
〜日本人のための家NO4 O邸〜

先日、基礎が完成しました。

段差のある敷地のため、今回の深基礎形状はその段差を解消する意味
でも理に適っておりバランス良く出来上がりました。


 【基礎の補強のための床補強】

また工務店の配慮で、バルコニー柱と建物基礎の間をコンクリート床でつないで
補強することにしました。

このあたりは工務店ならではの配慮で、こういった体制づくりが安全性の高い
建物を作り上げます。

「皆でいいものを作りたいですね!」
というのが、クライアント、設計、施工者3者の思い。


それが一丸となって進んでいます。

Posted at 2006年10月27日 22時55分50秒  /  コメント( 0 )

中間検査無事終了〜D−...


 【検査員による検査風景】
〜D FENG−SHUI D邸〜

先日、無事に上棟後の中間検査が終わりました。

今回は、フラット35を活用しているため、通常の中間検査
項目以外のものもチェックもありました。

フラット35では、中間検査時に基礎の立ち上がりが土から
40cm必要なのでそういった項目がプラスになりました。

来年1月中旬完成に向って順調です。

Posted at 2006年10月27日 22時47分05秒  /  コメント( 0 )

ボストンからこんにちは


 【ホテルの窓から】

今ボストンに来ています。

今回の目的は、豊かにシアワセに暮らしている人たちの住まいの見学
や彼らの住まい観のインタビューのためです。


ボストン郊外になると、1つの家の敷地が約5000屬曚匹砲發覆蠅泙后
なんともダイナミックですが、気持ちのいい林に囲まれた住まいが秋晴れの
なかすがすがしく見えます。

今回こちらに来てとても感じたのは「皆とてもフレンドリー」だということ。

ちょっとテンションが高めなのがアメリカ人らしいところですが(笑)、
それでも積極的に仲良くなろうという姿勢は気持ちいいですね。

さて、話をもとに戻しますが、今回の旅はこれまで体系立ててきた
シアワセユタカビトの住まい観をより洗練させるものになりそうです。


具体的にはまたレポートしますね。

Posted at 2006年10月22日 21時03分49秒  /  コメント( 3 )

億万長者の人脈


 【改修が完了したエントランス部分】

今年の4月くらいから取り掛かっていた社屋改修プロジェクト
が完成し、先日完成披露パーティが行われました。

鉄筋コンクリート3階建ての集合住宅を改修し、2階を社屋
3階を社宅に改修しました。

またもともとひどい家相をしていましたので、それを主に全面
やり変えました。

「全く雰囲気が変わったね。それとなんともいえない気持ちよさ
 が漂っているわね〜」とクライアントから。

このクライアントはある業界でトップの成績を収める経営者。

今回の竣工披露パーティでは、多くの方が招待されて楽しく進行
しました。

参加されているメンバーのことをよく聞くと、この業界で敵対関係に
ある十数社の人たちとのこと。

「業界で敵対関係だと、思っている人もいるかもね。
 でも、本当は一緒に高めあう関係として関わっていくときに最高の
 成果をあげるのよ」
とクライアント。

なるほど。その道を極めている人はその業界をも集約するだけの人格
者であり、根本的に見る価値観や人脈の作り方自体が一般とは違うなぁ。

とビシビシ感じました。

また
「今日集まってくれている人たちは自分たちの家族のようなもの。
 もちろん顧客対応も大切だけど、今日集まってくれている人たち
 があるからこそなのよ。」
とも。

今でも定期的に家族ぐるみで色々なイベントをやっているようです。

億万長者の人脈とはとても明快なものなんですね。

Posted at 2006年10月15日 09時03分13秒  /  コメント( 0 )

建物の命!〜日本人の...


  【コンクリート打設状況】

本日、基礎のコンクリートを打設(だせつ)しました。

打設というのは、型枠にコンクリートを流し込むコンクリート工事
のことを言います。

天候にも恵まれ絶好のコンクリート工事日和でした。

コンクリートは打設の日は晴れが好ましく、そしてコンクリートを
打設以降は雨が降っても逆に養生が出来てOKなのです。

ちなみに基礎は建物の命です。
基礎が建物の寿命を左右するくらいです。


今回の基礎は、これまで十分実績を作ってきた深基礎形状を採用。

別の記事にも書きましたが、この基礎の形状を活用するにはある程度の
知識と経験が必要ですから、安易にまねをされないことをお願いします。

さて、今週の20日には上棟予定です。

僕自身は海外視察に行っているため、残念ながら上棟式に参加できません。
その分、海外からフィードバックできるものを持ち帰ってこようと
思います。

Posted at 2006年10月15日 00時27分52秒  /  コメント( 0 )

いよいよ公開!シアワ...


    【完成予想CG】


    【10月初旬の状況】

このブログでも随時報告してきた「シアワセユタカビトの家NO1」が
ついに完成します。

シアワセユタカビトというのは、ビジネスと家庭のバランスをとりながら
両方とも豊かになるライフスタイルを実践する人々のこと。


いい住まいを建てたい人は、いい住まいに出会い、そしていい家の住人と
出あっていきます。

また私の友人は、家族で見学会に訪れ、将来の我が家のイメージ写真として
家族で微笑んだ写真を一番気に入った空間で撮ったりしていました。
(これは将来へのアファメーションとしても有効です)


このM邸も、そんなシアワセユタカビトマインドが凝縮した住まいとして
完成を迎えます。

最近完成見学会などをして思うのは「類は友を呼ぶ」ということ。


このように完成見学会の効能は、単に見学する以外にも重要なポイントが
たくさんあるわけです。

さて、今回10月の28日、29日にクライアントのMさんの承諾を得て
一般の皆さんに公開することにしました。

詳細はコチラです。

Posted at 2006年10月13日 08時53分48秒  /  コメント( 0 )

建築家の家上棟!


   【上棟の状況】


 【初日の手起こしの状況】

10月11日、予定通り上棟を終えました。

20坪の狭小地で木造3階建てということもあり、10日から
棟上にかかりました。

10日の初日は、クレーンを使わず大工さんたちがロープなどを
使って「手起こし」をしました。

さすがに機械を使わずに柱や梁を起こすのはかなり大変なので
大工さんたちもヘトヘトのようでした。


   【休憩中の大工さん】

そして、11日の夕方4:30から、無事上棟を終えた1階で
上棟式を行いました。


     【玉串奉てん】

「妻ともども、この住まいが共に豊かさと幸せに満ちる
 空間になりますよう祈願することをお許しください」


 そのように祈願し最後に写真のパチリ。



ようやくここまできました。

やはり、自邸を建てると建主としてのクライアントの皆さんの
気持ちがよく分かりますね。

Posted at 2006年10月12日 22時57分29秒  /  コメント( 0 )

傾斜地での基礎工事 ...


    【基礎の配筋状況】
  〜日本人のための家NO4 O邸〜

掘削工事が終わり、ようやく基礎の配筋工事が出来ました。

今回は傾斜地に立つ・・・というタイトルをつけましたが、
傾斜地には、色々なタイプがあります。

かなりきつい傾斜地に建てる場合。
この場合は、基礎の補強や床の高さの設定などかなりダイナミックに
計画します。

今回のようにゆるい傾斜地に建てる場合。
こういった場合は、逆に微妙な高さの設定を考慮します。

それは、前面道路とのバランス。隣地とのバランスなどなど・・

今回の場合は、北側が実家であるため、その住まいとのつながりなど
も細かく配慮しています。

来週、20日には上棟予定です。
順調に進んでいます。

Posted at 2006年10月12日 22時20分03秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ