スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-07

樹脂サッシュの威力


 【外部のサッシュを梱包からはずしているところ】
 〜シアワセユタカビトの家NO1〜

棟以降は、金物などの補強などを進めながら、こらから外部の
サッシュを取り付けるところです。

今回採用しているサッシュはカナダ産の樹脂サッシュ。

日本ではアルミサッシュや最近ではアルミに樹脂を複合した
アルミ樹脂複合サッシュなどが出てきました。

樹脂サッシュと聞くと
「なんだか耐久性や火事になると溶けるんじゃないの?」
と思う人も多いかも知れません。

しかし、驚くなかれ、住宅においてアルミサッシュは日本にだけ
普及しているのです。


海外では木製サッシュや樹脂サッシュが主流です。

上記の耐久性や火事に関してですが、樹脂よりアルミのほうが
溶解温度(溶ける温度)が低いようです。

要は、火事になるとアルミのほうが先に溶けるのです。

はじめて聞く人にはびっくりかも知れませんが、これが世界的に
見れば常識です。

日本の常識はグローバル的に見れば非常識であることもおおいの
ですが、この件もまさにそうでしょう。

Posted at 2006年07月20日 23時25分03秒  /  コメント( 0 )

あなたには何が見える...


 【何が見える?】

あなたはこの画像に何が見えるだろうか?

青い空、白い雲?
いろいろなものが見えるかも知れませんね。

しかし、この画像よく見ると中央に富士山の頂が見えます。

雲の形からも想像できるかも知れません。

僕は東京に出張に行くときにいつも新幹線の北側座席を
予約して、「今日は富士山が見えるかなぁ〜」といいながら
おのぼりさんしています(笑)。

富士山を見慣れているひとには感じないかも知れませんが、
富士山の頂の位置は、想像をはるか超えた上空にあります。


それは、普段の山しか見たことがないためにその高さをイメージ
することが出来ないのです。

でも、その高さをイメージすることが出来るようになると・・・
富士山がよく見えるようになります。

これは、ある意味比喩で、あなたの心の中の富士山ももう少し
上を向いたらしっかりと見えるかも知れませんね。


KEI

Posted at 2006年07月20日 00時11分38秒  /  コメント( 0 )

7月20日以降は土を...


 【基礎工事が完成した日本人のための家NO3】

先週、家の基礎部分の工事が完成しました。

この住まいの基礎部分は、私がプロデュースする住宅と共通して
通常よりも深い基礎になっています。

いろいろと施工上の工夫もしていますが、この基礎工法を活用する
ことで、真冬でも暖房なしで15度以下にならない家作りを可能に
します。

「3階建てか鉄筋コンクリートの家でも出来ると思ったよ」
と、これまでの住まいでは周りの住民によくいわれました。

通常の基礎と比べるとそれくらい頑丈に見えるのでしょう。
(実際頑丈ですが(笑))

さて、明日からは夏の土用が始まります。

実は風水住宅において(というか通常の住宅でもそうですが)
これから約18日間は、土をいじってはいけない期間です。

ですのでこれから基礎工事を行うような工程の場合は、かならず
前後に振り分けるように工程を組んでいます。

風水の家というのは、単に間取りだけのことではなく、建てている
時期やタイミングや方位などもっと複合的に見る必要があります。

参考までに。

Posted at 2006年07月20日 00時05分07秒  /  コメント( 0 )

銀行を選ぶ

さて、土地の仮契約が出来たら今度は住宅ローンの
審査を受ける段階になります。

僕は自分のチームの中に独立系FPがいますので彼に
キャッシュフロー全般をチェックしてもらいながら
ローンの計画を立てています。


中国地方の銀行などの中で僕の家庭にはまりそうなのが
2社ほどありました。

今週はその2社にアプローチしますが、この銀行への
プローチに関してもブレインがいますので、彼と一緒に
作戦を練りながら折衝にうつっていくと思います。

上記の話に「ブレイン」という言葉が再三出ていますが
これは「その道のプロ」のことです。


僕は、普段から自分の専門外の分野に関してはブレインと
組んで行動します。

もちろんその分野の最低知識は身につけていますが、
最終的な判断などは信頼できる仲間にある程度精査して
もらって、最終的には自分で決断します。


また状況をお伝えしますね。

Posted at 2006年07月17日 20時45分14秒  /  コメント( 0 )

好きなことを見つける...

前回好きなことを見つける方法として、
「子供のころ好きだったことを探ってみる」
という話をしました。

子供のころ夢中でやっていたことは思い出せましたか?
※ちょっと前の投稿だったのでよかったらもう一度やってみてください

また思い出せなくてもどんなことが好きだったか
イメージできるだけでもOKです。

そして、次に大切なのが、
それをとりあえずやってみる
ということ。


実はやってみないと本当に自分が好きなことかどうかは
実感できない部分があります。

たとえば子供のころから絵を書くのが好きだった人は
週に1度くらい、絵を書く時間を作ってみる。

それと、もうひとつ大切なことがあります。

それは、自分が好きなことをやっているコミュニティーを
見つけるということです。

これは、自分の好きなことを深めるにはとても大切です。
まずは、自分が好きなことをやってそしてコミュニティーを
見つける・・ぜひやってみてください。

Posted at 2006年07月16日 09時16分04秒  /  コメント( 0 )

空間の美しさを高める




 【空間のクオリティを高める階段】
    〜狭小地を宝物にする!〜

後、1ヶ月ほどで完成する「狭小地を宝物にする!」プロジェクト
ですが、階段が出来ました。

今回の空間は「シンプルながら木の香りあふれる内部空間」というのが
コンセプトでもあり、階段はその中でも大きな役割を果たしています。

通常の階段より、金額にして5〜10万円くらい高くつくと思いますが、
これは優先順位としてとても高いと思います。


 【一緒に内部を見て回るクライアント】

空間のクオリティの決め手は「統一感」です。
これをしっかりと理解してくる工務店とチームを組むことで
空間のクオリティはさらに高まります。

今回の施工を担当してくれているK建設さんはとても親身に
取り組んでくれました。

ありがたいことですね。

KEI

Posted at 2006年07月15日 13時06分01秒  /  コメント( 0 )

ダイナミックな空間です


 【リビングの吹き抜け空間】
 〜シアワセユタカビトの家〜

「うわぁ〜、なんだか体育館みたいですね〜。ダイナミック。」
自分で設計しておきながら思わず出た一言でした(笑)。

今回の家は70坪近くあることもあり、リビングの吹き抜けも
かなりダイナミックにとりました。

よく吹き抜けを作ると
「空調の効きが悪いんじゃないの?」
という話を聞きますが、それは断熱性能が伴っていないときの場合。

この住まいでは逆に空間を一体化することで、空調ひとつで空気を
まわすことが出来るような断熱計画をしています。


吹き抜け空間と断熱性能は一体的に考えることが必要です。

それにしても気持ちのいい空間だなぁ〜(自画自賛^^)
建築家冥利に尽きます。

Posted at 2006年07月15日 12時59分28秒  /  コメント( 0 )

成功する共通点

昨晩から東京に来ています。
僕が懇意にしている、某氏の勉強会に参加しました。

内容は出版に関する心構えや知識など。

現在、出版の準備をしていることもありいろいろと
学ぶことが多かったですね。

そういった中、彼がいった言葉でなるほどと思うことが
ありました。

「結局、最終的には『己を知る』『自分自身何者か?』
 この部分に気付き、そこを掘り下げる人が息の長い
 作家になるんです。単なる時流だけで物事を考えると
 結局続かないんですよね。」


これは、全ての豊かに幸せに成功している人たちの
共通点でもあります。

肩書きではない、自分らしさとは何でしょう?

僕の場合は
「建築を通じて人生の本質を伝える伝道者」です。


あなたの中から、自分らしさの言葉を作ってみてください。

Posted at 2006年07月15日 09時26分44秒  /  コメント( 0 )

外壁の検査を行いました


 【第3者検査機関JIO】

先日、資産になる家〜ローコストバージョン〜の外壁下地の
検査を行いました。

検査は、通常工務店と設計者も行いますが、今回は第3者検査
機関のJIOによる検査も付け加えました。


このJIOは補償機関で、建物に問題が生じたときに補償して
くれます。

10年間の補償で12〜13万円くらいですが、たとえば
基礎が傾いたりしても、上限5000万円までは保証してくれます。

最近は工務店のほうが積極的にこういった補償を活用する
ようになってきました。

いい流れですね。


このローコストバージョンでも、「資産になる」がコンセプトです
からそのあたりのリスク回避もとても大切です。

Posted at 2006年07月14日 10時45分17秒  /  コメント( 0 )

なんと土地の大きさは...


 【建築家の家イメージCG】


僕の特技の一つですが、何も建っていない敷地を見ると
瞬時に3Dの立体で建物を思い浮かべることができます。


これまで多くの住まいを手がけてきましたが、面白いことに
ほぼはじめの直感で感じた形になることがほとんどです。

ちなみに今回計画している土地の広さは20坪です。

これは僕が提唱している
「街中の小さな土地、たとえ20坪の大きさでも十分資産になり
 そして宝物にすることができる」

をそのまま形にしたようなものです(笑)。

上記のCGを見てもらっても分かるとおり、車は2台とめられます。
建物は木造3階建て。

この概観を見ると木造に見えないという人もいるかも知れませんが
木造です。木造にはそれだけいろいろな可能性が秘められているのです。

最近は妻と二人で夜な夜な「あ〜でもない、こ〜でもない」といいながら
内部プランの細かなところを調整していますが、今僕がかかわっている
たくさんのクライアントの皆さんがこのようにして家族や夫婦で話し合って
いるのかと思うとなんだかわくわくしてきますね。


来年1月に完成予定ですが、この時期に同じくして2つの住まいも完成
する予定です。

なんだか住まい自体が兄弟のような気がしてなりません(笑)。

現在は、土地の契約を済ませたところです。

これからローンの審査などを行って土地の決済が8月後半に行う
予定です。

Posted at 2006年07月14日 09時10分50秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  | 次へ