スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー
2006-06

振り子のごとく

先日、ブログの投稿「無駄なものは何もない」に対して

>現状を静かに肯定的に受けいれられる時
>とそうでない時が振り子のように行ったり来たり。
>だんだんその幅がせばまって静止できる時が来るのでしょうか。

というコメントをいただきました。

「自分の身に起こることは無駄なものなど何もなく
すべてのことを受け入れる」という主旨に対してのコメント
ですが、確かにこのように考えると苦しいこともたくさんあると
思います。

「すべてを受け入れないといけない!もっと素直に!もっと肯定的に!」
こういった心が働くのではないでしょうか?

しかしこのときにお話したことに補足するとすれば、
「別に肯定しなくてもいいし、否定的な感情がわいてきてもそれでOK。
 そこで大切なのはどうして自分の気持ちが否定的になったかを感じる
 こと」だということです。

物事は極端に一方の考え方をしようとするとその反動で必ず
もう一方のほうに引き寄せられます。

ポジティブで行こう!と思いすぎると必ずネガティブに引きずられるのです。
振り子のごとく、感情を揺さぶれるのです。

だから、もしあなたに極端に物事を考える癖があるようでしたら
まずそのことに気づいてください。

人は感情の生き物です。プラスにもマイナスにも振れて当然です。
後は、自分がどうしてそういった振れかたをするのかを知ることが
大切なのです。


KEI

Posted at 2006年06月29日 00時15分04秒  /  コメント( 4 )

おすすめ!リンク 建...


 【コツコツと作業を進める棟梁】
 〜資産になるローコストバージョンNO1〜

梅雨空のなか、着実に工事が進んでいます。

床のフローリングもすでに張り終え、これから
外壁関係にかかっていくところです。


 【1階に貼る、天然無垢フローリング】
 ↑上から、黒いオスもカラーを塗る予定です

 ※工務店によって床を張るタイミングが全然違っていて
  面白いですよ。
 ※もちろん工法やコストのかけ方でそのタイミングも
  変わります。

さて、そういったなか、このプロジェクトのクライアントが
自らHPを立ち上げました。

以前このブログでも触れましたが、ここのクライアントは
僕が昔から懇意にさせていただいている設備設計事務所の
方です。

今回ローコストのために「設備分離発注」を行えたのも
彼が懇意にして信頼している設備工事業者がいたからです。

設備から見た観点でまとめたこのHPは住まいづくりの
新しい視点を教えてくれると思いますよ。

僕があえて伏せていたノウハウもHPで公開しています(笑)。

 http://www.tk-c.com/myhome/

では、じっくりご覧下さい。

Posted at 2006年06月27日 00時30分55秒  /  コメント( 0 )

基礎が完成しました


 【基礎の型枠が取れました】
 〜シアワセユタカビトの家NO1〜

広島は連日雨が続いています。
そういったなか基礎が完成しました。


  【基礎の断熱詳細画像】

さて、今回の基礎は「内断熱工法」というものを採用しています。
私が設計する家のほとんどが、床下に外気を入れないこの工法を
採用しています。

もちろん、この工法についてはしっかりとした知識が無いまま
行えるものではありませんが、そこを使いこなせると、
「真冬でも底冷えしない床」を作り上げることが出来ます。


そういったことを実際体感してもらえるよう、工事途中の構造の
見学会や建物が完成したときの完成見学会などを開いて実感して
いただいています。

今回のこのすまいもそういった機会がある時はまたこのブログ
などでお知らせしようと思いますのでお楽しみにしていて下さいね!

Posted at 2006年06月27日 00時09分37秒  /  コメント( 0 )

ほぼ8割がた完成です


【もうすぐ大工工事も終わります】
  〜狭小地を宝物にする!〜

本日は現場にて、ふすま紙やタタミの縁の色などこまごました
物をクライアントに見てもらいながら決定しました。

3月から着工した「狭小地を宝物にする!〜資産になる家〜」
ですが、あっという間の出来事のように感じます。

クライアントのご夫婦は、私の年齢の倍近くの方々です。
でもとてもかわいがっていただいています。
「若い人の感性でいいものを作りたい」と言っていただきました。
うれしい限りですね。僕自身もそこに驕らず謙虚に務めたいと
思っています。


ちなみにこのお二人との出会いは、中国新聞主催の住まいづくりセミナー
講師として、僕が話をした「狭小地を宝物にする!住まいづくり」セミナー
でした。

あれからもう1年数ヶ月が経ちますが、そう考えると
「やっと完成かぁ〜」というのが本当のところでしょう。

8割がた完成した現場はあと、内部の仕上げや外壁塗装、そして外構を
残すのみです。

Posted at 2006年06月26日 23時46分21秒  /  コメント( 0 )

無事に引渡し!資産に...


 【町並みの隙間から望む資産になる町家IN京都】

昨日京都に行って、昨年12月に着工した資産になる町家IN京都
の引渡し検査を行いました。

京都独特の非常に難易度の高い敷地でした。

もともとこの土地に住んでいたクライアントのNさんのご両親の
土地に、この度2世帯住宅として生まれ変わりました。


 【周りを大きな建物に囲まれる】

「元の家が暗かったので明るい家にしたい!」
「京都の冬の底冷えから逃れたい!」
「京都の蒸し暑い夏をどうにか乗り越えたい!」
「風水都市京都にふさわしいすまいにしたい!」

・・・など色々な要望にこたえて実現しました。

当日は、お孫さん4人に囲まれてに、家の中は遊園地状態
でした(笑)。

でも、子供たちがはしゃぎまわる姿を見て、今後の
このすまいの未来を感じることが出来ました。

「仕事冥利につきるなぁ」とこの瞬間に感じます。

Nさんご家族が今後末永く豊かさと幸せが訪れることを
お祈りしています。

Posted at 2006年06月25日 23時52分20秒  /  コメント( 0 )

設計プロセスの大切さ


【クライアントとの打ち合わせ風景@カメラ目線(笑)】

今日は午前中に広島の三原に行き、現在プロジェクトが進行中の
クライアントと一緒に打ち合わせをしました。

住宅をつくる中でとても大切なのが、「設計のプロセス」です。

なぜなら、これまで真剣に考えていなかった将来を家族と一緒に
話し合う場になるからです。

「私たちの将来はこのような生活をしていきたい」

「子供たちに、どのような人生を歩んでもらいたいか?」

「そして、これらを実感できる家づくりってどういうものか?」


・・・こういったことは、普段から考えるのはよっぽどのことが
ないと難しいです。

それを「家づくり」というプロセスを通じて、じっくり考える・・

これを「家を買う」という行為ではほとんど味わえません。

家づくり、設計のプロセス・・・これは人生の財産です。

Posted at 2006年06月24日 23時18分11秒  /  コメント( 0 )

全てはあなたの親子関...

今回は、僕の友人が主催するセミナーをご紹介しましょう。

タイトルでも書きましたが、心理学的に言うと
「世の中との関係は全てあなたの親子関係から紐解くことが出来る」

と言うことをご存知ですか?

これは僕自身もすまいづくりを通じてこの重要性に沢山気づかせて
もらっています。

特に、
 「父親との関係は社会との関係」
 「母親との関係は身近な人間関係」
を象徴しています。



「どうも身近な人間関係が苦手だなぁ」と思う人は、母親との関係を
思い出してみてください。

「社会なんて自分にとっては、地獄以外の何物でも無い!」と憤慨している
人は父親との関係を思い出してみてください。

このワークは実際私が普段すまいづくりで行うときも活用する方法ですが
この気づきを得ると、とてもクリアーに物事を見えてくることがあります。

「でも、それでも自分ではそういったことに向き合うのは難しいよ」
「逆に混乱しないのかな?」
「今の自分には関係ないよ・・・・多分、でもちょっと気になるなぁ」

この話を聞くと色々な意見が出てくると思います。

もちろん個人でもある程度紐解くことも出来ますが、一番確かなのは
カウンセリングの専門家に導いてもらうことです。

「今回のセミナーを企画するに際して、実は自分自身が一番癒される
 旅を経験している感じがします。そして、この癒しはセミナーに参加
 していただける皆さんにもさらに大きなエネルギーで伝わることでしょう」

とは、セミナー主催者 はなしげる さん。

彼が今回主催するセミナーの概要や彼がこのセミナーを主催するにいたった
経緯、これらの話は全てあなたの人生とシンクロする部分があると思います。

開催場所は神戸。日時は 6月25日(日)です。
詳細など気になる方は一度こちらをクリックしてください。

Posted at 2006年06月23日 08時51分45秒  /  コメント( 0 )

アイディアを一気に書...


 【自慢のオフィス(笑)】

僕はアイディアを一気に書き出したりアウトプットするときには
オフィスの決まった場所で行います。

ここは、風水的にも発想や情報、アウトプットが気持ちよく出る
場所なのです。

ちなみに私のオフィスはシンプルですが風水オフィスです。

来る人に説明しても、「へぇ〜、言われるまで分からなかった」
とよく言われますが、敏感な人は「このオフィスなんだか気持ちいいね」
と言います。

築40年くらいの木造長屋の路面店舗を改修したオフィスですが、
夏の冷房は効きが悪くて、大変ですが(笑)、集中力や打ち合わせなどに
重宝しています。

やはりオフィスは拠点ですから、大切にしたいですね

Posted at 2006年06月22日 23時25分44秒  /  コメント( 0 )

基礎が完了しました


  【基礎工事が完了しました】
 〜シアワセユタカビトの家NO1〜

先日、基礎のコンクリートも無事に施工が終わり基礎工事も
完了を迎えました。

「梅雨の時期に基礎のコンクリートを打つのって問題ないのですか?」
と、聞かれることがあります。

確かに、コンクリートを打設している最中に雨が降ると問題ですが、
1日程度しっかりおいた後に降る雨は逆にコンクリートの急激な乾燥
を防ぐ意味でも有効であったりします。



 【基礎の中に出来た水たまり】

この画像のように今日は広島地方で大雨が降りました。

ですが、先ほどお話したようにこれはコンクリートを養生する
上では逆にいいことなのです。

さて、7月1日の上棟に向けていよいよ土台工事・・そして棟上げです。

Posted at 2006年06月22日 23時09分03秒  /  コメント( 0 )

窓がつきました そし...


   【窓を設置しました】
 〜資産になるローコストバージョン〜

上棟を終えてから、屋根の設置、そして窓の設置を終えました。
そして、明日には確認申請の中間検査を受けます。

内容は「構造上主要な部分の検査」。

具体的にいうと、木造住宅の柱梁、そしてそれを支える金物や
筋交いがちゃんと入っているかどうか?などを調べるのです。

この中間検査は都道府県によって義務付けられているところと
そうでないところがあります。


ちなみに広島はありますが、山口はありません。

ですが、こういった検査に頼らない現場監理ももちろん大切です。


 【バルコニーのFRP防水工事状況】

それと今日は、バルコニーの防水工事をしていました。

昔はバルコニーの防水工事は雨漏りの原因とも言われていましたが
最近では、FRP防水や塩ビ防水などリーズナブルで、かつ、耐久性の
ある防水仕様もでてきています。

もちろん今回のプロジェクトはローコストバージョンですが、しっかりと
FRP防水を施しました。

このバルコニーから見える景色を早いところ拝みたいものです。

Posted at 2006年06月22日 23時04分54秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ