スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

気密測定・外壁下地等現地の様子

家族の絆を育むパッシブハウス

気密測定の様子です



検査の結果C値は0.254㎠/屬箸いΔ海箸撚搬欧励を育むパッシブハウスでは断熱と気密を注視して進めてきたのでハイレベルな数値がでたことは非常に良かったと思います。

日程の関係上、検査に私が立ち会うことができなかったのは残念でしたが、現場監督さんのもとしっかりと検査いただいたので写真はその時のものを載せています。

通常竣工後に検査を行ったりするのですが、内部のボードなど押さえのない状態でしっかりと気密が確保できているということは断熱施工の精密性を確認する作業になるので非常によかったです。



配管等の処理しっかり気密テープにより施工されていることを確認しました。





外部側 外壁の下塗りがおわっています。
これからは竣工にむけて内部の設備関係や仕上げが主となってくるので現場はいろんな業者がはいってきてあわただしくなりますが、しっかりと作業していってもらえればと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2014年03月06日 20時00分42秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*