スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

幸せを育む資産になる家 基礎配筋工事

幸せを育む資産になる家 

現場に行ってきました。

今回は基礎配筋のチェックと基礎下の断熱材の敷き方が正しく施工されているかをチェックしました。



基礎の形状・配筋ピッチ・かぶり厚さ等をチェックします。

基礎下に断熱材を敷くのでそこから適正のかぶり厚さがとれているか、鉄筋と断熱材。立上り部部でいくと鉄筋と型枠材との間が適正とれているか、小型のブロックやスペーサー(ドーナッツなどとも呼びます)がしっかりと施工してあることを確認しました。



この後 底盤にコンクリートを打ち、立上り部分と分けて施工しますが、その際に止水処理の仕方等チェック項目があります。
建物が乗っかる土台となり重さなど力がかかる部分なのでしっかりと確認を怠らず作業を進めていければと思います。

スタッフ 平田

Posted at 2013年04月25日 14時07分04秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*