スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

地鎮祭

こんにちは スタッフの三崎です。

昨日は歴史を将来に引き継ぐ家の地鎮祭でした。
松江で行われたので、ただただ朝起きれるかだけが心配で
朝の5時起きだったので、めざましを5個セットして無事起きる事が出来ました。

30日から松江道が開通する噂を聞きつけていたのですが、17時からでした。
残念です…。




お施主様ご家族と工務店の方、八納が
この白い衣装を着て取り行われました。

太鼓が鳴ったり笛を奏でたり…。
広島での地鎮祭とは違い、本当にお祭りのようでした。



これは何と言うのでしょうか。
無知で申し訳ありません。
次回までには!!!
大工さんのお話しだと、工事が終わるまでここに設置して
みなさんの安全を守って下さるもののようです。

お昼はご近所の割烹料理屋さんであこというお魚を使った会席を頂きました。
あこは松江の名産品らしく、とってもおいしかったです。
食べるのに夢中で写真を取るのを忘れてしまいました。


午後からは、キリスト教の地鎮祭です!



初めての体験だったのでどきどき!
聖水を撒かれた時は思わず、エクソシスト!!!って思ってしまいました。
なかなか体験できないことなので、
この機会をいただけて嬉しかったです。


この敷地の近くに松江城があるのですが、
桜がきれいに咲いていて、お花見されている方もたくさんおられました。
太陽が照ってとても気持ちよかったのですが、
風が冷たくて広島に夜着いたにもかかわらず広島がとても暖かく感じました。

工務店さんがとても素敵な方たちなので、
共に協力し合い、相乗効果でより良いものを作っていきたいと思います!

最後に、Kさんおめでとうございます!!!

Posted at 2013年03月31日 17時18分33秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*