スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

家具やその他の最終段階にはいりました



島根県吉賀町で進行している「家族の心が一つになる家」N邸ですが、6月20日ごろの完成を目指して、現在進行中です。先日は、家具の最終調整&確認や玄関床の仕上げの決定などを行いました。





外観が杉板に濃い保護着色塗料を塗っていてほぼ黒い外観イメージです。
そこに、クロの玄昌石やグレーの玄昌風タイルやその他サンプルを取り揃えました。

最終的には、玄昌石に決定。耐凍性がどの程度あるかを確認する必要があったのですが、零下20度以下でなければ大丈夫ということでした。

黒の外観にナチュラルウッドの木のコントラストがどのように見えるか、足場が外れるのが楽しみです。またこの建物の特徴である木の縦格子が美しく見える様、工務店さんとかなりのディスカッションを積み重ねました。出来あがるのが楽しみですね〜。

またレポします。

Posted at 2011年06月03日 17時31分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*