スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

新プロジェクト「故郷と親子をつなぐ家」がスタートしました



この2年前ほどに「故郷に家を建てたい!」という相談をいただいたMさんとのプロジェクトがようやく形になり、スタートすることになりました。

以前、このブログでも「故郷に家を建てるぞ!」というタイトルで記述したことがあります。
場所は、温暖な瀬戸内海の浮かぶ尾道市向島。市街化調整区域内になるため、一般的には建物が建てられません。

Mさん自身が役所などとかけあい、いろいろな折衝を経て、計画していた土地で進行していたものの、最後の最後で断念。ちょうどその時家族の皆から「両親と一緒に住もうよ」という声がかかりました。

そこで、実家の敷地内にあった納屋を解体し、その場所に離れとして住まいを建築することを計画。急傾斜地、市街化調整区域内の規制、2項道路の袋路の道路車線制限などを天空率などを活用してクリアーさせ、この4月から工事がスタートする予定です。

Mさん本当におめでとうございます。

Posted at 2011年03月26日 20時00分52秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*