スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

3月5日に上棟しました 「家族の幸せと子供の自立を促す家」K邸



3月5日に尾道で着工中の「家族の幸せと子供の自立を促す家」の上棟を行いました。
お昼には、Kさんが棟梁さんや手伝いに来てくださっている大工さんやレッカーの作業員、工務店さんなどにお弁当をふるまわれたようです。(※私が現場に到着したのは午後2時過ぎでした)

このようにお弁当をふるまわれると、棟梁さんたちも「いっちょうやろうか!」という気分にもなってくれます。もちろんふるまわれなくてもいい棟梁さんたちをそろえている工務店さんなので安心です。



レッカーでどんどんと木材が吊るしあげられて組みあがっていきました。
私が感動したのは、工務店の社長自ら棟に上り、棟梁さんの手伝いをしていたことです。



社長は、もともと棟梁出身で若いころから棟梁に弟子入りをしてきた職人肌の方です。社長自ら棟に上って作業をしているので、棟梁さんはじめ、工務店の皆さんも気合いが入るようです。



どんどんと構造が組みあがっていきます。

私とKさんご夫妻とでその合間を縫って仕上げの打ち合わせをしました。



パインのフローリングと同価格帯で、杉のうづくりのフローリングが使えるということで、現地で見比べました。最終的には杉のうづくりのフローリングに決定。それに合わせて、全体の色目も調整していきました。

上棟は夕方5時近くまでかかりましたが無事に終了しました。
上棟式の様子はまたレポしますね。

Posted at 2011年03月17日 16時14分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*