スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

シャッターの素材の見本を前に選びました





年末が差し迫った12月下旬に、CGをもとに木製シャッターの色合いを実際に現地で立ち会いながら決定しました。ポイントは、建物の白色と軒裏などに使っているレッドシダーとのバランス、そして木製シャッター自体の経年変化がどのようになっていくかなどでした。

最終的には、無垢の木の色ではなく、経年変化をした時にも色合いが保ちやすいライトオーク色の保護塗料を塗ることに決定しました。



今回の現地打ち合わせで嬉しいことがありました。車庫の背面部分に使っている木製ルーバーの実物大のサンプルを作ってくれたのです。嬉しいクリスマスプレゼントでした。Oさんも興味深そうに眺めていました。どんなふうになるかは、出来あがった時のお楽しみということで(笑)

完成まで後1カ月ほどとなりました。完成が非常に楽しみです。今月は中旬までに外構関係のタイルや石などの最終決定をしていく予定です。

またレポしますね。

Posted at 2011年01月05日 00時33分41秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*