スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

エコと風土の恵みを堪能する家 O邸


こんにちは、STAFFの田中です。

O邸のセルロスファイバー施工が完了しました。
外周部の外壁から屋根までこの白いシートの内部にぎっしりとセルロスファイバーが充填されています。
床部分は無垢のパイン材が貼られており、傷がつかないように養生材でしっかり保護されています。
棟梁の性格か!ものすごくきれいに片づいてますね。


これは、電気のコンセントボックス部分です。
壁の内部にまるで綿のようにふわふわな感触の粉砕された新聞紙が充填されておりスイッチのボックス部分まであふれるほどです。
とくに感じたのは断熱材が繊維状のため吸音と遮音性能も高く、外の車が通る音がまったく気にならなくなりとても静かになりました。
音というのも家造りにおいて重要な要素のひとつ。
外部の騒音を気にせず、ゆくりと紅茶を楽しめる空間に出来あがるのが楽しみです。

Posted at 2009年11月18日 16時05分33秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*