スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

親子関係の希薄化(コラム)

昨日内閣府が発表した「少年の意識調査」。

4分の1の父親が、平日の子供との接触がないという
まとめが出ていました。特に父親は00年度に調べた
ときよりも9%増加していたようです。

また、子供の悩みを知っている親は、母親で65%、
父親で31%にとどまっています。

このように考えると、「親子関係の希薄化」がどんどん
と進んでいるように見えます。

しかし、もう少し細かく見ると
「家庭の2極化」がおきているんだと私は思います。

一方は、仕事に追われて家庭との接触時間が無い父親。
一方は、仕事と家庭のバランスを配慮している父親。

その2方の差がますます出来ている事が考えられます。

また、これは年収が左右するよりも、仕事の質によるものが
大きいでしょう。

例えば、同じ年収だとしても年間300日近くをほぼ毎日
12時間働く人と、年間100日ほどを仕事の時間として
それ以外の時間を家族と過ごすというライフスタイルを
選択している人がいます。

これは、仕事の質が違うわけで、そこに意識が行く人は
残念ながらまだ少ないでしょう。

しかし、どんな人にも才能が隠されていて、その部分を
思い出す作業をしていけば、それを生かして収入を得る
ことが出来る時代になりました。

「仕事と家庭のバランスをとって家族が幸せになるために」
という目標を持てば、そのプロセスも楽しいものとなるでしょう。


八納啓造

Posted at 2007年03月04日 08時18分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*