スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

実物を体感する  〜シアワセユタカビトの家NO2〜


 【八納邸に訪れたM夫妻】
 ※両端がM夫妻、真ん中は私の妻です

この3連休に、現在建設中のシアワセユタカビトの家NO2の
M夫妻が、我が家に遊びに来ました。

我が家を見てもらいながら、自分たちの家に使う素材を
検討してもらうためです。

差し入れのおいしい「くぬぎ」のワッフル(広島で有名でおいしい店)
を食べながら、リビングにある幅2.5mのタモのテーブルで
談笑をしました。

「ここの素材をホワイトアッシュにするとこんな感じです。
 それをオークにすると・・、どうですか?イメージが結構変わるでしょう」

「わぁ、結構違って見えるんですね!私は・・・こっちのほうがいいかなぁ」

など、実際の空間を体感してもらいながら素材をチョイスしていきました。

我が家・・自邸は、これまで私が関わってきた住まいをベースに作って
いるので、イメージしてもらいやすいことも考慮した空間や素材に
なっています。

これまで、完成見学会の時にしか、実物を体感してもらえなかったのが
自邸を活用することで、実物を体感してもらえるようになりました。

「なんだか、我が家が出来るのが待ち遠しくなりました」
とは、M夫妻の奥さん。

4月末の完成が待ち遠しいですね!

Posted at 2007年02月13日 21時48分31秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*