スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

現場それぞれ 〜日本人のための家NO4 O邸〜


   【外壁下地まで完成】
〜日本人のための家NO4 O邸〜

昨日は、昼から引き続き三原で建築中の現場
「日本人のための家NO4 O邸」に行きました。

午前中のD−FENG−SHUI D邸の現場監督さんは
とてもクールなタイプですが、こちらの現場監督さんは
熱意派です。

現場監督さんや工務店によって、現場の雰囲気は様々です。


 【渋い雰囲気で腕を組む棟梁】

打ち合わせも中盤に差し掛かったころ、D邸のD婦人も
こちらの現場に立ち寄りました。

OさんとDさんはご友人。

今年の4月に行った広島市の五日市の住まい
「D−FENG−SHUINO1 O邸」のOさんのご友人
でもあります。

今はお互いの家を見ながら、参考になる部分などを教えて
もらいながら現場にも取り組もうとしています。

ちなみにそれぞれの家は全くタイプが違います。
また工務店のカラーもそれに合わせて全く違います。

「出来上がっていくものの、その雰囲気が宿るんだなぁ」と
改めて思いました。

両方ともいい家になりそうです。 ^^

Posted at 2006年12月01日 09時35分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*