スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

がけ地との攻防  〜シアワセユタカビトの家NO2〜


【手前が2m、奥が4mのがけ地にある敷地】
〜シアワセユタカビトの家NO2 M邸〜

「うわ〜すごい土地だなぁ」とは私がはじめてこの土地を
みたときの印象です。

しかも、道路は、4m未満の道路に接し、通常の工事車両も
入らない。さらに、がけ地。

通常の土地とは違い、労力的には3倍くらいかかります。

しかし、私はクライアントのMさんの言葉に心を打たれました。

「上の敷地に妻の両親が住んでいて、これ以外の土地は考え
 られない。だからどうにかここを使いこなしたいんだ」


この言葉を受けて、こういったがけ地+通常工事車両進入不可
でも仕事を請けてくれる工務店をはじめ何箇所もあたりました。

途中色々なドラマがありましてけど、今回引き受けてくれるのは
私の自邸も手がけているO工務店。

「八納さんとクライアントのMさんの心に打たれました」
とO工務店のO社長。

工事的にはかなりシビアなものが要求されますが、それこそ
建築家魂と現場魂に火がつきます。


 【建物の位置だしをしている現場監督】

11月27日は、建物の位置だしを行いました。
さぁ、これからスタートです。

Posted at 2006年11月29日 09時24分55秒

 
この記事へのコメント



興味深く拝見しました

初めまして。
天空の会と申します。

天空率について検討されており、興味深く拝見させて頂きました。

私共のブログでも、天空率について色々な形でとりあげております。
(当方で調査した審査機関の天空率対応状況とか、天空率とはなんぞよ、等など。)

本ブログ内容を、私共のブログ内(ブログリンク)で紹介させて頂こうと思います。
是非、一度、当方のブログもご活用頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

【まちづくりNPO・天空の会】
・多くの方々へ天空率制度、計画手法の普及(紹介)を目指す特定非営利活動法人です。
Posted by 天空の会 at 2007/06/16 08:44:20

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*