スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

北欧テイストの住まい 〜シアワセユタカビトの家NO1〜


 【足場がとれ全貌を現した外観】
 〜シアワセユタカビトの家NO1〜

ついに足場が取れました。
足場がとれる瞬間っていつもドキドキしますね。

多分、陶芸の釜から自分のこねたものが出てくる瞬間に似ているでしょうか?

今回は
「イメージどおり!でも思っていた以上に大きい!」
というのが感想です。

トータルが70坪を超えると住まいは外観ともかなりダイナミックに
なってきますね。

以前は2000坪近い学校の設計などもやっていたこともありますから
そういった意味では大きくないのですが、住まいとなると全く別です。



  【設備配管の掘削工事】

現在は10月20日を目処に完成するよう工事が進行中です。
工事で言えば最終段階に入っているということろです。



   【いなずま型の鉄骨階段】

階段のほうもようやく設置。

今回のデザインは現設計と変え、現場の雰囲気と工務店の技量
をあわせて検討した結果、このような軽快なデザインにしました。

やはり、現場によって雰囲気も変わりますから、現場での最終調整
はとても大切だと思います。
(もちろん予算のこともあるので両方あわせて考えるのが大切ですが)



 【2階バルコニーから吹き抜けとワークルームを見る】

これはバルコニーから見た風景です。

まだ外部の木製サッシュが入っていませんが、この建具が
最終的に設置されると、ほぼ完成です。

今回のデザインテーマは「北欧テイスト」。

これは私が7年前に北欧を旅して回ったときに、体験してきた
もっともシンプルでありながら木の香りあふれる白い空間が
具現化したもの。


あと3週間で完成です。

Posted at 2006年10月03日 09時47分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*