スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

ローコスト大作戦!


【設備業者とクライアントとの打ち合わせ風景】
 〜資産になるローコストバージョン〜

この「資産になる家〜ローコストバージョン〜」では
工事の形態を建築・設備・電気と3つを分離して発注する
分離発注方式を採用しました。

通常は建築工事が頭になり、その下に設備と電気工事が入るの
ですが、今回はその監理費を削減させるために分離発注を
採用しました。

「じゃ、いつも分離発注にしたほうがローコストになるのでは?」
と思う方もいるかも知れませんが、責任問題や連絡体制、そして
各業者の信頼関係などがないとなかなか出来ません。


今回、クライアントが設備設計事務所の方なので、普段から付き合い
のある設備業者と電気業者に話をして実現させたわけです。

この画像は、その設備業者との打ち合わせ風景。

クライアントの真剣さは人を動かします。
さて、どんなドラマが待っているのか?

Posted at 2006年06月12日 21時07分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*