スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

ごへい(御幣)とは?


【家の中心あたりに南向きに置かれる御幣】
 〜資産になるローコストバージョン〜

ごへい(御幣)をご存知だろうか?

御幣は、家の上棟式のときに祭壇に祭られ、そして
儀式が終わると、家の守り神として家の間取りの中心あたり
の位置で南向きに取り付けます。


よく2階の屋根の天井裏などにつけることが多いですね。

ちなみに御幣は地域によって形がいろいろある。
広島ではこの御幣におかめの仮面をつけたものを使う。

上記の画像で何となく見えるでしょうか?
結構おちゃめですよ。

 ※う〜ん、ちょっと見えにくいので今度現場に行った時に
  もっとUPをとっておきますね

Posted at 2006年06月05日 23時19分49秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*