スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

光はどこから入ってくるか?

「土地は南向きが良い」とはよくいいます。

もちろん、南向きの土地のよさや風水的な利点もたくさん
ありますが、誰しも南向きの土地を手に入れることができる
わけではありません。

特に街中の狭小敷地に家を建てる時はさらに厳しくなるでしょう。

一般的には
「太陽の光は南から入ってくる」と考えている人が多いと思います。

だから、南向きの土地を手に入れたくなるのだと思います。

しかし、本当に光は南から入ってくるのでしょうか?

・・・
・・


本当に光が入ってくるのはどちらかと言うと天(上空)からです。

考えてみるとあたりまえなのですが、意外とそのことを現代人は
忘れています。


【トップライト】

そういったときに有効なのがトップライトです。

トップライトは普通の窓の3倍の光を住まいに取り入れてくれる
素晴らしい機能を有しています。

ただ、トップライトにも気をつけないといけない点があります。
 ●屋根の防水との納まりをしっかりする
 ●断熱効果が低い家に設置すると夏はかなり暑くなる
などなど。

この2点をしっかりクリアーして活用すればこれ以上素晴らしい光を
入れる道具はないでしょう。

もちろんこの「狭小地を宝物にする」プロジェクトの現場ではこの2つ
をしっかりとクリアーして活用しています。

Posted at 2006年05月16日 09時33分33秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*