スタッフが中心に日々の建築を通じての気づきや現場風景などをお伝えしています
メインメニュー

本当の財産



この写真は何だと思いますか?

これは、おととし尾道に竣工した「日本人のための家NO1」のクライアント
の方から送られてきた写真です。

「竣工時に植えたしだれ桜ですが今年ようやく咲きました」
と言葉を添えて。


【日本人のための家NO1のリビング風景】

僕はこのメールが届いた時、涙が出てきました。
なぜなら、「これこそ本当の財産だ」と思っているからです。

僕がクライアント(施主)と仕事をするときの一つの条件は
「一生付き合って生きたい人かどうか?」があります。

住まいの設計は長くても数ヶ月から1年程度ですが、付き合いは
一生だと思っているからです。

そういった中、このような何気ない心遣いのメールが来ることは
僕にとってとても嬉しいことです。

特にこの21世紀は、大好きなことを仕事にすることが可能な時代に
なり、そして大好きな仕事に共感してくれる方々と共に生きていくこと
が可能になってきました。


面白い時代になりましたね。

Posted at 2006年05月11日 00時40分37秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*